記事提供:カラパイア

アメリカ、イリノイ州ノースブルックにある小児歯科に歯科助手として勤務しているのは犬のジョジョ(メス)である。

ジョジョのお仕事は、歯の治療を怖がる子どもたちをリラックスさせることだ。これがどんな麻酔よりも良く効くと評判なんだ。

歯医者が嫌いで怯えていた子、神経質になっていた子たちもジョジョを見ると一気にその表情がほぐれていく。ジョジョは癒しの名人なのだ。

患者が望めばジョジョは診察台にも来てくれる。そして治療中はずっとそばについていてくれるんだ。もちろん吠えたり動きまわったりしない。

ただじっと座って、治療が終わるまで応援し続けてくれるという。

ジョジョはこの歯医者で働くための訓練を受けた。子どもは緊張が高まるとじっと座っていられない。なかなか診察室に入ってきてくれないこともある。

そんな時はジョジョがやさしく誘導する。ジョジョのおかげで歯の治療が大好きになった子供たちもいるという。

緊張から興奮していたおともだちも、ジョジョの手を握ると落ち着く。ジョジョはその子の治療が終わるまでずっとその場にいてくれるんだ。

これまで笑気麻酔が必要だった子も、ジョジョのぬくもりのほうが何倍も落ち着くという。ジョジョはどんな薬よりも最高の効果を与えてくれる。

ジョジョは自分の仕事に誇りと使命を持っている。

患者だけでなく、スタッフのみんなまで、たっぷり癒してくれるんだ。

ジョジョのおかげで笑顔があふれる病院となったそうだ。犬好きならば絶対この歯医者に行きたくなっちゃうよね。

出典:thedodo

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス