記事提供:長谷川豊 公式ブログ

歌手の藤井フミヤさんの息子さんがフジテレビのアナウンサーとして入社したことを受け

「なぜ、フジテレビは縁故入社がここまで多いのか?」

というご質問を頂きました。ええと…これも順を追って回答しますね。フジテレビが特に多いというか…。

フジテレビは目立つ「コネ」が多い

まず、現在学生さん方に言いたい。「コネ」はあなた方の「特徴」です。それを使うことが悪いことでも何でもないし、もしみなさんに頼れるつてがあるならいくらでも捏ね繰り回してください。

ちなみに自らの「人脈」を必死になって「捏ね繰り回す(こねくりまわす)」所から「コネ入社」という言葉が出来ています。豆知識でした。

「コネは特徴」ということについて一言言っておくと、皆さんの周りで美人はいますか?彼女たちは最優先で入社試験に合格していきます。これはね…驚くほどに露骨だと思ってください。

彼女たちは「生まれつき」美人だったってことです。そういう「特徴」なのです。

「生まれつき」大企業のご子息であろうが、「生まれつき」有名俳優のご子息だろうが、それはあなた方に罪のある話じゃありません。存分に使って入社試験に挑んでください。

入社後は当然「何のアドバンテージもなかった一般入社組」からは妬み・嫉みの類はさんざん妬かれます。でもそれも理解してください。彼らは不利な条件を乗り越えて入社しているのだから。

「フジテレビはコネ入社が多いのではないか?」

というご質問に対する回答は「はい、多いですね、とても」が回答になります。でも、皆さんだって知ってらっしゃる通りで、はっきり言って電通さんの方がよほど多いです。

キー局の他の所もなかなか多いですし、一流企業も多いです。学生の皆さんが思ってらっしゃるよりも、コネ入社って見えないところで沢山あるものだと思ってください。

その中で、フジテレビは「目立つコネ」が多いのでしょう。なので報じられることが多いのでしょう。

真麻とか竜聖とかね。いいんです。ちゃんと頑張ってるんだから。

むしろ私に言わせれば、彼らが目立ってしまうのでコネの象徴みたいに言われちゃってますけれど、他にもコネだらけなのでなんだか真麻たちが可哀想な気がしています。

皆さんの目につく…要はアナウンサー職にだってコネは山ほどいますが、みんなちゃんと頑張ってるんだから別にいいんです。

普通の「コネ入社」のほとんどは『通称:人質』

なんでフジテレビが目立つかって、有名タレントの子息が多いからなんですが、電通さんをはじめ、多くの企業さんに入る「普通のコネ」って…要は大企業さんのご子息や政治家のご子息がほとんどです。

彼らをなぜ多く採用しているのか?

理由は簡単で…「マスコミはスポンサーをたくさん扱う職種」だからです。

ええと…要はですね…テレビ局ってお米を栽培して売ってる企業とは違うんです。テレビ番組を作るんですけれど、毎回面白い番組って作れないですよね?

なので、大企業さんのご子息を引き入れとくんです。

例えば、トヨタ自動車の幹部候補のAさんの息子さんが入社するとしますよね?Aさんの息子さんには適当な仕事さえ与えておけば、後は…絶対にトヨタさんはスポンサーでいてくれる可能性が増えますよね?

政治家の息子を入れておけば、それを上手く生かして利益につなげられる可能性が高まるでしょ?

電通さんが業界で「コネ通」と呼ばれる所以(ゆえん)です。

マスコミ業界ではそうやって営業を有利に進めるために入社させるコネ入社の新入社員たちのことを「人質」と呼んでいます。

はっきり言ってそこら辺の社員より圧倒的に会社に対する貢献度は高いです。広告収入で利益を上げているのがマスコミ業界だからです。

なのでフジテレビが多いんじゃなくて、基本的なことを言うと「マスコミ業界」がコネが多いと思っておいてください。

「コネ入社組」は実はとても優秀な人材が豊富

で、これも昔のコラムに一度書いたんですが、世間の皆さんはやっかみで色々というでしょうけれど、私の個人的な感想ですが…コネ入社組って…確立的には「優秀」な人材が多い気がしています。

これは私の個人的な感想って書きましたけれど、多分合っています。

彼らは圧倒的に「金持ち」だからです。

金持ちの子供たちって「教育の機会」に恵まれてるんです。留学とかめちゃくちゃお金がかかるのに好き放題行ける子が多い訳です。なので「英語が得意ですぅ」とか言う子が多いです。これも能力ですよね。

あと、これも人にはよりますが「人がいい」連中が多いです。これも理由は同じで、絶対的に「金銭的・精神的に余裕を持って生きてきた」連中がほとんどなのでなんと言うかのんびり屋さんというか、性格的にはとても良い連中が多い気がします。

そういう連中はギスギスしていないことが多いので、職場の雰囲気がよくなります。もちろん繰り返しますが人によります。

強いて欠点を上げるのであれば…「我慢が利かない」「打たれ弱い」点です。これはもう…とんでもなく打たれ弱い連中が多いです。仕方ないですね。大事にされてきた人間たちなので。

特徴的なのはフジテレビって、視聴率の悪くなった番組…バンバン切るでしょ?え?もう終わりってくらいに。あれ、多分編成の上の中にコネ入社の連中がいるんだと思います。

彼らは批判に猛烈に弱いので、しかも信念を持って「こんな番組を死んでも作るのだぁ!」って感じの入社ではないので、数字が悪かったら批判されるのが嫌なので打ち切っちゃいます。これは彼らの欠点な気がします。

また批判が嫌いなので出来るだけ仲間内でつるもうとします。なので結果として空気が読めなくなります。

え?その人、使っちゃうの??みたいな。これもフジテレビを見てれば分かりますよね(苦笑)。他局で実績をすでに作った人を集めたがるのも同じですね。自分本体に自信がないので、有名な人間が大好きです。

有名な人間に群がろうとします。これもいい面と悪い面があります。手堅い、とも言えますし、どこかで見たものしか作れなくなります、一長一短ですね。

藤井フミヤさんの息子さんもきっと、フジに入ったのであれば、みんなと仲良く明るく働けることでしょう。私は心配していません。フジテレビのアナウンス室をはじめ社内の雰囲気は、多く言われている通りでとても風通しがよく明るく仲良しです。

きっと楽しく働けると思います。

懐かしいな~。

この4月で退社してから丸3年たちました。なんだかまだ3年?って気がします。フジテレビも「あぁ、そう言えば…在籍してたっけ」的な心境です(笑)。それくらい猛烈な3年間だったので。

しかし、間違いなく人生で最高の3年でした。来年、人生最高の4年って言っておられるように頑張りますね!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス