西インド諸島に位置するドミニカ共和国で、思春期になると少女から少年へと性の変化を遂げる子供たちが存在することをご存知でしょうか。彼らは「12歳で男性器」を意味する「ゲヴェドース」と呼ばれています。

ドミニカ共和国の小さな村、サルナスで起こる不思議な現象

出典 https://www.youtube.com

思春期になると身体に様々な変化が訪れ、精神的にもそれに追いつくことが困難になる人も出てきます。成長の過程において誰もが経験する第二次性徴。声変りや体毛などの変化はあっても性が変わるという現象はこの村以外に存在しないのはないでしょうか。

ドミニカ共和国にあるサルナスという小さな村で90人に1人の確率で、思春期の少女に男性器(ペニス)が生え始めるという不思議な現象が起こっています。女としてこの世に生を受けた子供が、12歳頃になると男性器ができ始め性の変化を遂げるのです。名前も女の名前から男の名前に変わります。

ゲヴェドースの原因は遺伝子疾患

Licensed by gettyimages ®

妊娠中の胎児の「5a還元酵素酵素」と呼ばれる酵素の欠損により起こる遺伝子疾患で、ペニスが形成されずに生まれてくるため「女」として育てられます。親自身も自分の子供が「ゲヴェドース」であるかどうかは思春期にならないとわからないのです。

思春期になればジヒドロテストステロン(DHT)とよばれる男性ホルモンが急増し、それにより声変りや体毛に合わせて男性性器ができ始めるのだそう。

ゲヴェドースは、アメリカのコーネル大学の内分泌科医ジュリアン・インペラート医師により、1970年代初期にこの村を訪れたことがきっかけで発見されたそう。インペラート医師はそれまでにも「少女から少年に変わる現象が起こる」という噂を耳にしていたのですが、それが事実だと判明したのです。

ゲヴェドースの子供たち

出典 https://www.youtube.com

まだ7歳のカーラ(写真右)という少女は、5歳頃から自分の性に疑問を抱き始めたそう。そして周りも彼女がゲヴェドースと知って以降、カーラは今後の名前をカルロスに替えて少年として生きて行くのです。キャサリン(写真左)も女の子として生まれましたが、男性器ができ少年へと性の変化を遂げました。

思春期に起こる変化の葛藤といじめ

出典 https://www.youtube.com

誰しも、思春期に入ると自分の体の変化に戸惑いながら受け入れようとします。でもゲヴェドースの子供たちは性がまるっきり反対になってしまうというとんでもない現象のために、私たち以上に精神的な葛藤が大きいといえるでしょう。

24歳のジョニーも、女の子として生まれフェリシタと名付けられて育てられました。学校へ行く時もスカートやドレスを着ていたジョニーはいつもどこかで違和感を感じていたといいます。「女の子の洋服が嫌だったし、女の子と遊ぶのも好きじゃなかったんだ。」

そして思春期になり、自分は男だったのだと気付いたフェリシタは以降ジョニーとして生きて行くことになったのですが、急な性の変化が90人に1人起こる確率からして、決して珍しいことではないとはいえ、やはりいじめに合うこともあったそう。

「悪魔の子」と言われたことも

Licensed by gettyimages ®

年頃の子供たちが急に変わったゲヴェドースの子供をからかって苛める、というだけではなく、大人でも、ゲヴェドースの子供はやはり不思議な現象であるに違いないということから「悪魔の子」と呼び忌み嫌う人もいるとか。

ジョニーもそんな酷い扱いを受けた一人でした。「酷いことをいっぱい言われたよ。でもいつも拳で戦ってきたんだ。」自分のことを悪く言う人もいる一方で、受け入れてくれる人もいる人もいるとジョニーは言います。

「いつか将来、結婚もしたいし子供だって欲しい。どんな時でも味方になってくれるパートナーができればいいなと思う」と将来への夢を語りました。

親が子供の強い味方になることで子供は悩みから抜け出せる

Licensed by gettyimages ®

これから少年として生きて行くことになるカルロス(元カーラ)の母親は「あの子が女の子だろうが男の子だろうが愛する気持ちに変わりはない」と我が子を全面的にサポートする姿勢を見せています。

難しい年頃に起こる現象なために、余計に子供たちの心が傷ついたり落ち込んだりしてしまうことも多いことでしょう。はっきりとした理由がわからない子供たちは、ゲヴェドースの子供たちを中途半端に傷つけ、ひょっとしたらそれが生涯トラウマとなってしまうことだってあるのです。

それでも、家族や親がゲヴェドースの子供をサポートすればきっと子供も葛藤を乗り越えられるはず。確かに国や地域によっては、性差別はまだまだ根深い問題ではありますがこの小さな村で起こる不思議な現象も、言い換えればLGBTと同義語と言えるのではないでしょうか。

現代は性マイノリティの人達は少しずつではあるものの、その権利主張が受け入れられる時代になっています。偶然の遺伝子疾患により起こるゲヴェドースの子供たちにとって、今後更に周りの理解も増えて、生きやすい社会になることを願わずにはいられません。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス