記事提供:CIRCL

ダイエットは、私たちにとって最も関心の高いトピックの一つだろう。しかし、もしかしたらダイエットはそれほど難しいことではなくなるかもしれない。

University of Birmingham(バーミンガム大学)の研究者らが肥満成人84人を対象に行った研究では、食事の30分前に500ミリリットルの水を飲むだけで、ダイエット効果があると認められたという。

食事前にコップ2杯半の水を飲むだけのダイエット法

私たちの体の約70%は水でできている。このことからも分かるように、水は人の生理機能に不可欠な成分である。体の老廃物を排出し、栄養素や酸素を体の各組織に輸送し、関節のすべりを滑らかにし、体温調節にも関わっている。

バーミンガム大学の研究チームは84人の肥満成人を対象に、食前に水を飲むことが体重にどのような影響を与えるのかを調べる実験を行った。

被験者は2つのグループに分けられ、一方のグループでは、1日3回の食事30分前に500ミリリットルの水を飲む。対照群であるもう一方のグループは、食事前に水は飲まず、お腹がいっぱいだとイメージするのみである。

この実験は12週間にわたり行われた。実験期間中、全ての被験者はダイエットに関するコンサルティングを受け、実験終了後も電話によるフォローアップを受けていた。どの被験者も、ダイエット活動を同じ環境で行っていたことになる。

3カ月で1.3キロの効果

実験期間中、水を飲まなかった対照群に比べて水を飲み続けた被験者群は、平均で1.3キロも多くの体重を減らすことに成功した。

食前に水を飲むことが体重減少にどのように作用したのかは、明らかになっていない。しかし研究者は、水を飲むことで、一時的な代謝上昇や、満腹感を得た結果、食事量が減少する可能性などを考えている。

本当に効果あり?シンプルな水飲みダイエット

食前に水を飲むだけというシンプルなダイエット法は本当に効果的なのだろうか?今回の研究結果のみでは、まだまだ真相は分からないが、このダイエット法の今後の可能性を提唱する初期的な証拠としては十分だろう。

研究チームは、今後さらに被験者の数や実験期間を増やして実験規模を拡大し、食前に水を飲むこととダイエットとの関係を明らかにしていくことを計画している。

理想的なダイエット法だが注意も必要!

食前に水を飲むだけというダイエット法は、シンプルで誰でも毎日できるうえに体重の穏やかな減少も見ることができる。体に負担をかけない理想的なダイエット法と言えるかもしれない。

しかし一方で、研究者は心臓や腎臓に持病がある人にとっては危険だとも指摘している。心臓や腎臓の機能に異常があると、体内の水分調節機構が崩れてしてしまうため、水分摂取量を厳密に管理する必要があるからだ。

出典:MNT

権利侵害申告はこちら