皆さんは、「ふるさと納税」をご存知でしょうか?

ふるさと納税との名称ですが、実際には「寄付」であり、個人の住民税の一部を納税者が選択する自治体に回せるようにする仕組みです。

都市と地方の”税収の格差是正”を目的として作られた制度で、自分の選択した自治体に納税すると”特定の金額を寄付した人”が”返礼品”を貰えるといった制度です。

ふるさと納税

特定の金額を寄付した人に贈られる返礼品ですが、各地域、自治体の特産品などがもらえるのです。特産品の中には、都会で購入すれば高価な海産物や肉類など様々あります。また食べ物だけでなく施設の優待券や宿泊券を返礼品としている自治体もありますのでネットで検索してみてはいかがでしょうか。

三重県名張市の返礼品

地域で様々な”目玉商品”を返礼品としている訳ですが、三重県名張市のふるさと納税は、”1件1万円以上”の寄付をした人に対し、返礼品1品を贈呈。その返礼品とは、地元産のコメや野菜、日本酒、伊賀牛などを返礼品に設定してきたのです。

今回3万円以上の納税をした人に対して、目玉となる返礼品が・・

ヘラクレスオオカブト

出典 http://www.huffingtonpost.jp

ヘラクレスオオカブトやオオクワガタは、今回の返礼品の目玉に設定。体長13センチ前後のヘラクレスオオカブトが3万円、同14センチ前後のヘラクレスオオカブトが5万円以上の納税者の返礼品に設定された。オオクワガタは1万円以上の寄付の返礼品となっている。

世界最大のカブトムシ

ヘラクレスオオカブト(学名Dynastes hercules)は、コウチュウ目(鞘翅目)・コガネムシ科・カブトムシ亜科・真性カブトムシ族に分類される昆虫の一種。世界最大のカブトムシとして有名である。

基本的には日本のカブトムシと変わりないが、大型のカブトムシ全般に言えることだが幼虫・成虫共にカブトムシより更に大食漢である。量的な問題と、角が邪魔になる関係で、餌となる昆虫ゼリーは大きいものがよい。成虫の雄は飼育スペースが小さいとストレスで寿命が短くなってしまう。

出典 https://ja.wikipedia.org

ストレスで寿命が短くなったりと個人で育てるには難しいようです。

ネットユーザー達の反応は?

生態系が崩れる事を危惧しているのか?
疑問を呈するコメントを残しています。

カブトムシ好きなのか?
驚きの声を上げるコメントを残しています。

葡萄じゃないのかと疑問を投げかけています。
カブトムシに”ピン”とこないようです。

オークションで高値取引

世界最大のカブトムシとして知られるヘラクレスオオカブトですが、体長は長い角を含めると最大で18cmに成長するものもあるらしく、日本で羽化された体長17.1cmのものは、過去にインターネットで入札件数が118件も入っており、最終的には300万円の競値がついている。

愛好家、愛ヘラクレスオオカブトが多く存在することがうかがえますね。
返礼品を大事に育ててオークションに出す方もいるのでは・・

誰が育てているのか?

名張市のふるさと納税用のヘラクレスオオカブトを育てているのは、昆虫販売業「リバーフィールド」の河野(こうの)光伸さん。2015年に体長17.18センチのヘラクレスオオカブトを育成。カブトムシ・クワガタ誌を発行する「むし社」(東京都中野区)主催の「ビークワ カブトギネスコンテスト」で、現在の記録保持者。以前このコンテストの記録を出した国内トップブリーダー、河野(かわの)博史さんも、リバーフィールドのカブトムシについて「サイズ狙いにはリバーさん血統を使うのが早道なのかも」などと評価している。

ヘラクレスオオカブトが今回のふるさと納税の返礼品となったことについて、河野光伸さんはハフポスト日本版の電話取材に「名張市で事業を続けて9年になります」とコメント。「北海道から沖縄まで日本中のお客さんが、リバーフィールドのヘラクレスオオカブトを求められてきました」と名産品であることに胸を張った。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

返礼品担当業者の「リバーフィールド」を”ヘラクレスオオカブトの成長記録タイトルホルダー”である専門家も一目置く業者のようです。

おわりに

ふるさと納税をどう感じたでしょうか?

納税をしてのメリットは、個人が2000円を超える寄附を行ったときに住民税のおよそ2割程度が還付、控除される制度です。確定申告が不要な給与所得者等に限り、確定申告の代わりとなる申請書を寄附を行う自治体へ、寄附する都度提出(郵送)することで住民税から控除されます。

実質収めている市県民税の一部を任意の自治体へ移転する事になります。返礼品だけでなく、寄附額のうち2000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除されるのです(一定の上限がありますのでネットなどで調べてから納税を行って下さい)。

是非、納税をしてみてはいかがでしょうか。

ただ総務省が、家電製品などを返礼品にしている自治体に対し、辞めるよう自粛要請を行っています。インターネットオークション等でお礼の品を転売する方がいるために”感謝の気持ちを利用”していると見ているようです。

三重県名張市のヘラクレスオオカブトの扱いはどうなるのか?
”ヘラクレスオオカブトファン”の方は早めの納税をお勧めします。

この記事を書いたユーザー

shadow このユーザーの他の記事を見る

色々と情報を発信していきますので 気にかけていただければ幸いです。 読書、音楽(雑食系)、サッカー、野球、格闘技好きです。

病気(手術、治療の繰り返しにも拘らず病名が付かないため難病指定にならず・・)を患い闘病中、今年で21年目です!

難病で苦しむ方々を応援します。 宜しくお願い致します。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • 広告
  • グルメ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス