日本テレビ系列「アナザースカイ」4月1日放送分に
芸人のピース綾部祐二さんが、単独で出演。

「いつかアナザースカイに出演するのが夢だった!」
「この背景の前に座ってみたかった!」
と、嬉しそうに話す綾部さん。

熟女好きキャラ、又吉先生とのコンビ格差キャラで
おちゃらけている印象の強い綾部さんですが・・・

綾部さんは「成功する人」の考え方だった!

番組内で語っていたエピソード、夢の掴み方が
「成功する人」の考え方だとさっそく話題に。

綾部さんの発言を引用しながらご紹介します!

この日のためにですね、僕は2年半前くらい前に
いつかアナザースカイに出るために
このトランクとコートを先行投資で買ってたんですよ。

出典4月1日 日本テレビ系列「アナザースカイ」綾部祐二さん

アナザースカイに出演することが夢だった綾部さんは
オファーもない段階から、トランクとコートを30万円で購入!(笑)
「先行投資」も「未来をリアルに想像すること」も成功の秘訣。

36年間生きていて大体ひと通りは味わったなと思ったら
まだこんな味わったことのない感情があるのかよ、って。

出典4月1日 日本テレビ系列「アナザースカイ」綾部祐二さん

2015年に初めてNYを訪れたときの感想です。
「感情豊か」であることも、成功の秘訣。

とにかくポジティブに、とにかく自分でやる!

僕がずっと憧れ続けたNYっていうのは
こういう風なイメージなので
それを全部、自分で現実にしていく。

出典4月1日 日本テレビ系列「アナザースカイ」綾部祐二さん

オープンカフェで新聞(ニューヨークタイムズ)を読みながら
買ってきた紅茶を飲み、かっこよく振る舞う綾部さん。
「イメージを自分の手で現実にする」ことも成功の秘訣。

お笑いでも何でも自分から前へ前へ
寄っていかなきゃダメですから。

出典4月1日 日本テレビ系列「アナザースカイ」綾部祐二さん

ティファニー本店の美しいグラスを見つめながら
お酒は飲めないけれど、コーラに使えると笑う綾部さん。
「ポジティブ」「自分から掴みに行く姿勢」も成功の秘訣。

自分のことだけではなく、相手のことを想う

(又吉は)僕が全くやってないことでね
すごい偉業を成し遂げたんで
素直に「すごいな」「良かったな」って思います。

出典4月1日 日本テレビ系列「アナザースカイ」綾部祐二さん

相方である又吉直樹さんの芥川賞受賞を
褒めるだけでなく、自分のことのように喜ぶ。
「仲間を認める」のも、成功の秘訣。

ただの本好きの少年でしたもん、出会った時。
15、16年くらい経ったら
その本大好き少年が「芥川賞作家」になってるっていう。
夢がありますよね。

出典4月1日 日本テレビ系列「アナザースカイ」綾部祐二さん

相方の昔からの夢を知る綾部さんだからこそ
又吉さんの偉業を、夢だと言うことができる。
「誰かの夢を本気で応援できる」のも、成功の秘訣。

もしハリウッドに行くってなった時に
僕らはコンビである以上、1人の人生じゃなく、
2人で人生を歩まなければならない。

でも、(1人でも)大丈夫なんだなって。
小説家としても芸人としても、又吉はセンスもある。
こんなありがたい環境を作ってもらえることなんかない。

出典4月1日 日本テレビ系列「アナザースカイ」綾部祐二さん

自分の人生だけじゃなく、相手の人生も考える。
「人への敬意」も成功の秘訣。

笑われても、夢を追い続けるから気にしない!

出典 YouTube

芸人になるって決めた時に
俺は町工場のただ油まみれで椅子を作っていた人間で
皆に「何言ってんの?」って笑われましたし
「無理に決まってるでしょ!」って言われたんです。

そう言われて16年経って僕は今、
NYのマンハッタンを背に
こうやって「アナザースカイ」で喋ってる。

出典4月1日 日本テレビ系列「アナザースカイ」綾部祐二さん

綾部さんが夢を追い続けられる理由は、
ひとつ叶えた先にまた新しい夢があるから。
「信じて追い続ける夢」があることも成功の秘訣。

「どんだけ痛いヤツなんだよ」
ってことになってると思うんですけど
もうそれでもいいんです。

馬鹿にされようが何だろうが、進み続ける。

出典4月1日 日本テレビ系列「アナザースカイ」綾部祐二さん

次なる夢はハリウッドデビュー。
笑われても、馬鹿にされても、まったく気にならない。
「人に引きずられない」のも、成功の秘訣。

夢に本気でまっすぐな綾部さんを見て…

真剣やからおもしろいねん。
今回の番組のためにボケでやってるんちゃうやん。
本気やからやっぱ、(心に)くるわ。

出典4月1日 日本テレビ系列「アナザースカイ」今田耕司さん

綾部さんを見ていたMC今田耕司さんが
お腹を抱えて笑いながら、嬉しそうに言いました。

成功のイチバンの秘訣はきっと、
「真剣」「本気」であることですね!

この記事を書いたユーザー

榧野 文香(かやの あやか)/ライター このユーザーの他の記事を見る

人材紹介会社で法人営業に携わり、年間300名以上の経営者と話をする。
その経験から、十人十色の「生き方」「想い」を世の中に伝えるためライターに。
現在はインタビューやエッセイをメインに活動中。
twitter:@sora_ya8

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス