いったい何なんだ?気味が悪い魚の写真

メキシコ Caboの16キロ沖で、シカゴから訪れた観光客が海底約110mから釣り上げた魚が、エイリアンのような姿をしていると話題になっています。

口を開けた顔も不気味・・・

出典 https://www.facebook.com

白い肌にまるでピンク色の血管が浮き出たような姿。お腹が膨らんでいて、気持ち悪い。ひれもあって、魚であることは間違いなさそうですが・・・いったい?

目がまるでエイリアン!

出典 https://www.facebook.com

この写真を地元の企業が、「この魚は何?」とFacebookに投稿したところ、専門家から連絡があり、判明しました。

アメリカなぬかざめ
swellshark (Cephaloscyllium ventriosum)のアルビノだそうです。

Swell Shark なぬかざめ

出典 http://www.montereybayaquarium.org

スタンダードなものでも、結構面白い顔をしていますね!

なお、2枚目の写真でお腹がぷっくりと大きいのは、敵が噛みつくのを防ぐために空気や水をお腹に入れて膨らませているからだそうです。

ただ、一般的にサメには5-7対のえらがありますが、この魚には3つずつしかありません。また歯も少なく、本当にアルビノのなぬかざめかどうか、半信半疑だという人も少なくないようです。

カボ・サン・ルカス

太平洋に面した半島の南端にあるCabo San Lucas カボ・サン・ルカスは、美しい海が有名なリゾート地。

もしかしたら貴重な絶滅種かもしれないと考えた釣り船のキャプテンは、この魚を海に戻してあげたそうです。

きっと今も、青いきれいな海で泳いでいることでしょう。

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス