Licensed by gettyimages ®

「僧侶」と聞いてみなさんが思い浮かべるのはどんなイメージですか?「質素」「節制」「無欲」などといったものが恐らく一般的なイメージでしょう。ところがタイの僧侶には今深刻な健康問題が。なんと30万人ほどいる僧侶のうち、約半数近くが肥満問題を抱えているというのです。僧侶でメタボ⁉どうしてなんでしょうか。

僧侶の48%がメタボ

Licensed by gettyimages ®

「バンコクポスト」によると、バンコクのチュラーロンコーン大学で実施された研究の結果、実に半数近い僧侶が太り過ぎと診断されたことが判明。更にはそれぞれ糖尿病など何らかの慢性の病気を抱えていることもわかりました。

高コレステロールの値が出ている僧侶は約42%、高血圧が約23%、そして糖尿病を抱えている人は10.4%、となかなか無視できない肥満問題が蔓延している様子。当然、肥満は誰にとっても健康上のリスクが高く、このため政府はこれらの僧侶の治療費として1年間だけで8.5万ドル(約9億5千万円)も出したというのですから驚愕の数字です。

メタボ僧侶の原因は信者からの施し

Licensed by gettyimages ®

なぜ僧侶が肥満になるのか。その原因は信者からの施しにあると考えられています。信奉者たちから「美味しいもの」を受け取る僧侶たちは拒否することを許されないため全て有難く頂くそう。コーヒー、紅茶、ジュースなどの飲み物以外にも糖分・脂肪分がたっぷり入ったものを食べ続けると、僧侶であっても肥満の道まっしぐらというわけです。

「まるで時限爆弾を抱えているようなもの」

Licensed by gettyimages ®

この研究に関わったチュラーロンコーン大学の医師は「僧侶の体に時限爆弾をかかえているようなもの」と肥満の危険性を指摘。そんな問題を解決すべく、今回8週間のダイエットプログラムが組まれました。

4つの寺院から82人僧侶が参加

Licensed by gettyimages ®

このプログラムには、健康問題を抱えた82人の僧侶が参加しました。カルシウムや繊維を多く含んだタンパク質中心の食生活に改善。更には座ることが多い僧侶のために運動量を増やすという内容で実行されました。

すると、8週間でウエストは平均1.4cm小さくなり体重は1kg減少、更にはコレステロールや中性脂肪の数値も下がるという嬉しい結果になりました。このキャンペーンに参加した僧侶の中には、その後もダイエットを続けて10kgも減量に成功した僧侶もいるそう。

Licensed by gettyimages ®

実はタイだけではなくスリランカでも僧侶の肥満が問題視されているとか。仏教の世界では、信奉者は僧侶に施しをすることで功徳を積み幸せな生活ができると信じられていて
また僧侶も信者からの施しを全て頂くことが修行と考えられています。

肉や魚は食べずとも糖分や脂肪分の多いものを日々口にしていたのでは、ジャンクフード生活と大差ないということで、健康問題を考慮したダイエットキャンペーンを実施し、食生活の大幅な改善をすることになったタイの僧侶たち。

政府の医療費は国民の税金で賄われているわけですから、年間で億単位の治療費がかかるようでは市民も笑っていられませんね。これからは、僧侶には食生活に気を付けてもらう一方で、信者の施しの内容も見直す必要があるかもしれません。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス