記事提供:Techinsight

女優ジョディ・スウィーティン(34)は、大ヒットドラマ『フルハウス』の子役として大ブレイク。しかし14歳で飲酒を始めた彼女はドラッグ依存にも陥りボロボロに。3度の結婚にも失敗した彼女は今、どのような暮らしをしているのか。

『フルハウス』のステファニー・タナー役で一躍有名人になったジョディ・スウィーティンは、今年放映スタートとなった『フラーハウス』でも同役を熱演。

私生活では2児を育てるシングルマザーだが良き恋人にも恵まれ、今はこれまでになくハッピーだという。

アルコール・薬物依存から立ち直った彼女は、『Us Weekly』にこう話した。

「みんな、心の中に悪魔を抱えているの」「でもそれを解き放つことができれば、ちゃんと生きていける。そう、自由になれるのよ」

そんな彼女の今の暮らしとは?

「望むものは全て手に入れたわ」「私の人生から学ぶことがあるとすれば、“Never give up”という精神でしょうね」

ちなみにジョディの恋人ジャスティンさんもかつて依存症だったことから、互いにサポートしあえる仲だそう。彼とは婚約を発表済みで、今のジョディは4度目の結婚を楽しみにしているという。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス