■道路のいたる所にある「マンホール」

Licensed by gettyimages ®

あまり意識しないと目に入って来ませんが、実は町中に溢れているマンホール。小さいものから大きなもの。色々な企業ロゴが入っているものや、自治体の名前が刻まれているもの。中には鮮やかな色付きの凝ったデザインのものもあります。

こんな独特のマンホールたち。世の中にはマンホールマニアなる方もいらっしゃるらしいんです。

そして今回、そんな方々の望みが叶ったのか、なんとマンホールがコレクションカードになったというんです。

■それが「マンホールカード」

マンホール蓋のコレクションカード「マンホールカード」の第一弾が平成28年4月1日、全国28の都市で一斉にスタートします。
 マンホールを管理する自治体と共同製作したもので、今後、新規参画都市を含めてシリーズを拡大。日本全国の様々なマンホール蓋を採り上げるコレクションカードは、これまでに例がありません。

出典 http://www.gk-p.jp

この企画を立ち上げたのは、「下水道広報プラットホーム」という団体。下水道業界の情報共有や未来を考えていく事を目的に活動されているようです。

実際配布されるのはこんなカード

東京都八王子市

無形文化財「車人形」が描かれています。独特ですね。

岐阜県池田市

山形県鶴岡市

静岡県富士市

富士山が色鮮やか。これは欲しい!

表にはマンホールの写真。裏にはその詳細などが記されています。
結構しっかりしたカードですね。

■4月1日より日本各地、全30種類が配布開始!

出典 https://twitter.com

これはついつい集めたくなります!

もちろん無料でGET出来ます!

出典 https://twitter.com

配布している自治体の指定の場所に行けばいいだけ!

※先着順で配布しますので、事前予約や郵送での取り扱いは行いません。
※カードは配布場所に訪れることで入手できます。配布は1人1枚となります。
※在庫が少なくなった時は備考欄に「残少」と記載します。配布場所にお問い合わせ下さい。

出典 http://www.gk-p.jp

基本的に先着順のようなので、早い者勝ちですね。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス