出典 https://twitter.com

記事提供:Techinsight

AKB48が音楽バラエティ番組でモーニング娘。の大ヒット曲『LOVEマシーン』に挑戦した。特別ゲストとして登場したつんく♂が見守るなか、パフォーマンスを終えた彼女たちはそのコメントを聞いて涙ぐむ。

3月29日に放送された『UTAGE春の祭典!』(TBS系)で“モーニング娘。OG VS 現役AKB48”によるモー娘。パフォーマンス対決が実現した。

モー娘。OGからは飯田圭織、保田圭、石川梨華、辻希美、高橋愛、田中れいなが『恋愛レボリューション21』を、AKB48グループは指原莉乃、柏木由紀、峯岸みなみ、北原里英、山本彩そして助っ人に渡辺麻友が加わり『LOVEマシーン』を披露した。

指原莉乃と柏木由紀と言えばAKB48に入る前、地元九州にいた頃からモーニング娘。の熱いファンだったことで知られる。

峯岸みなみも“LOVEマシーン”はど真ん中の世代で、家族で、いつもカラオケで歌ったという。

彼女が今回の挑戦で見る人に「楽しいなと思えるエネルギーは伝えていきたい」と意気込めば、さらに山本彩は「48グループからの代表のようなもの、他のメンバーのためにも意地を見せないといけない」と気合が入る。

スタジオでパフォーマンス前にMCを務めるまゆゆは、相手はOGとはいえモー娘。本人な上に「生みの親であるつんく♂さんもいらっしゃるのでかなり緊張してます」と表情をこわばらせていた。

先にパフォーマンスしたのはAKB48チームだ。現役アイドルだけに歌も踊りも華やかな『LOVEマシーン』となった。最後のセリフ「ラブマシーーーン」をキメたのはまゆゆである。

終わるや否やMCの中居正広は「いいねー!」と拍手と笑顔で絶賛、舞祭組の宮田俊哉などは「テンション上がるわ、これ!」と興奮気味だ。

そんなAKB48のパフォーマンスをつんく♂はどう見たのか?彼がその気持ちをパソコンの文字で「楽しかった…」と伝え始めると、6人は感激しながら次の言葉を待つ。

「あと、今までのメンバーの歌が頭に入ってるけど、今までにない声(音)が入ってきた。そして、昨日今日覚えたのではない、ちゃんとこの曲を長い期間歌ってくれていた。そういうことを感じることができました。愛の歌に思えました」

つんく♂のコメントに北原里英や山本彩をはじめみんなが目を潤ませる。なかでもまゆゆは今にも泣き出しそうな表情をしており涙をぬぐう場面も見られた。

その後、モー娘。OGが『恋愛レボリューション21』を披露すると、やはり本家だけに安定感が素晴らしい。

つんく♂はハロプロアイドルを育てる際に「16ビートを刻める」ことが大切だと常々語ってきたが、それを感じさせる。

ちなみにKABA.ちゃんはモー娘。OGのステージを見てよほど感動したのだろう、ひな壇で泣いていた。

観客によるジャッジではモー娘。OG「54」×「46」AKB48となったが、つんく♂も「(モー娘。OG)メンバーたちが本当に安心した顔。それが一番うれしいね」とホッとしたように接戦を制した形だ。

AKB48チームは悔しいながらも手応えを感じたのではないだろうか。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス