約1年ほど前に『白いお皿をキャンバスに!一流ホテル専属のアーティストが描く“お皿アート”が面白い』という記事を書いたのですが…

今回紹介するのは、その際に紹介したカナダ、トロントを拠点に活躍するアーティスト “Jacqueline Poirier”さんが描いた…

進化したプレートアート作品

でして、前回には見られなかった、トリックアートの要素や、風景と溶け込むような一風変わった新作の数々は、どれも見応え充分の仕上がりとなっています。

ワイングラスにワインを…え!?

前回も説明致しましたが、“Jacqueline”さんは、カナダ、トロントにある『リッツカールトンホテル』専属のアーティストでして、彼女の描くプレートアートは、ホテル内にあるイタリアン料理専門店『TOCA』で実際に使用されています。

なお、現在は精力的に作品を制作し、ホテル専属のアーティストとして活躍する傍ら、一人のアーティストとして、ここ最近はもっぱら“個展開催の準備を行っているのだとか。

では、肖像画や動物、風景画等、どんな絵もそつなくこなす“Jacqueline”さんの…アバンギャルドなプレートアートの数々。どうぞご覧ください!

ちなみに“Jacqueline”さんが描く作品は、『Plate (お皿)』と『Art (アート)』をもじって『Plart(プラート)』と呼ばれているそうです。

これまでの作品のコンピレーション動画もご覧ください!

【音量注意】

いかがでしたか?

これまでに2000枚以上の作品を描いてきたという“Jacqueline”さんですが、たった1年で魅せた…驚きの進化!これは今後の活躍、大いに期待したいですね。

型破りな想像力に圧倒される…センス溢れるプレートアート。興味を持った方は彼女のInstagram。覗いてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス