神戸で今、おしゃれな神戸っ子が一番注目しているエリアが「乙仲通(おつなかどおり)」。そこに店を構えるブランド「TANDEY」の限定トートバッグができました!

海と山に挟まれた港町、神戸。北野異人館めぐりや中華街・南京町での食べ歩き、有馬温泉での湯治など、様々な楽しみがあり、毎年多くの観光客が訪れています。
古くから貿易で栄えた神戸には、街のあちこちにセンスが良いブティックも点在しています。現地でいま、おしゃれな神戸っ子が一番注目しているエリアが「乙仲通(おつなかどおり)」。その昔、親しみを込めて“乙仲”と呼ばれた通関業者のオフィスが立ち並んでいたエリアです。レトロな街並みに魅了されたブティックのオーナーが次々と集まり、あれよあれよという間に、お買い物スポットへと成長しました。
今回の「treasures(トレジャーズ)」では、その「乙仲通」に拠点を構えるブランド、「TANDEY(タンディ)」をご紹介します。

出典 http://kuraline.jp

TANDEY/トートバッグS

カスタムオーダーのバッグや革製品の製造を行っているブランド、「TANDEY」。オーナー兼デザイナーの中野夫妻を中心に、ひとつずつ手作業で仕上げています。シンプルなファッションを好む神戸の人たちの理想同様、「TANDEY」の商品コンセプトも、“シンプルで長く使えるもの”。すっきりしつつもチャーミングな、やや横長フォルムのトートバッグを、リンネル編集部が選んだカラーでアレンジしました。上の写真の「キナリ×カーキ」のほかに

マスタード、

レッド、

グレー、

ネイビーの5色を展開。

素材には厚めの8号帆布を採用しています。自立するほどしっかりとした生地で、丈夫な仕上がり。さらに「treasures」編集者が感動したのは、カバンの内側にパラフィン加工をほどこしているということ!大雑把ゆえ、バッグ内でお茶をこぼしてしまったりすることが多々ある私。このバッグなら、うっかりちょっとこぼした!という時も大事に至らずに済みそうです!!

ちなみに内側のポケットも、アクセントカラーとそろえて色を切り替えています。こういう、見えない部分も凝るという江戸っ子に通ずるお洒落、神戸っ子も好きなんです。

サイズはちょっとしたお出掛けに使えるSと、肩掛けもできるMの2種類。

出典 http://kuraline.jp

TANDEY/トートバッグM

ほかにも数種類が並ぶ「TANDEY」のバッグ。リンネル公式通販「kuraline」で、ぜひチェックしてくださいね!

この記事を書いたユーザー

トレジャーズ編集部 このユーザーの他の記事を見る

雑誌に登場するモデル・タレント情報、おしゃれなトレンドのトピックスが満載のニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」です! ファションやビューティ、ライフスタイルなど、幅広い分野の話題をご紹介します。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス