出典 https://www.instagram.com

記事提供:Techinsight

日本でも大ヒットした映画『グーニーズ』(1985年)で、食いしん坊な少年“チャンク”を熱演したジェフ・コーエン。現在41歳の彼は俳優業をやめ、エンタメ業界の弁護士として活動している。

映画『グーニーズ』で強烈な印象を残し、しばらく映画の世界で活躍したジェフ・コーエン。しかしその後は同作品のリチャード・ドナー監督の勧めもあり、減量に励んだとのこと。

ドナー監督はその頃について「ジムの会員にしてあげたんだ」「指導者や、一緒に運動してくれる人も手配したのさ」と語っている。

そのおかげもあって減量に成功したジェフは、高い運動能力を発揮。監督は成長期の彼をこのように明かした。

「高校ではレスリング部のキャプテンさ。フットボールのキャプテンもやったんだ」

出典 https://www.instagram.com

そして見事に生まれ変わったジェフは、大学で勉強しメディア関係の弁護士に。その際もドナー監督がハリウッドの大物を紹介し、手を貸したという。

“食いしん坊のチャンク”を演じ今も多くの映画ファンの記憶に残る元子役も、今ではすっかり痩せ別の分野で能力を発揮している。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス