記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
髪を金髪にすることを繰り返すと「毛根が死ぬ」なんて表現を聞いたことがあります。
たしかに、ブリーチを繰り返した髪は身体によくないイメージがあるかもしれません。

今回はヘアカラーやブリーチによる頭皮のダメージについて、医師に話を聞きました。

カラーや脱色、どんな仕組みで髪色が変わるのですか?

自宅や美容室などでのヘアカラーの仕組みは、どちらも基本的には同じです。
ヘアカラー液を髪の毛の表面に塗ることによって、髪の毛の表面にあるうろこ状のキューティクルをはがれます。
そして髪の芯の部分にあるメラニン色素を壊して、希望の色の色素を沈着させることで髪の色を変化させています。

髪の色を脱色するブリーチ剤の場合も表面のキューティクルをはがし、髪の芯の部分のメラニン色素を破壊することによって、髪を脱色するプロセスになります。

なお、もともと黒い髪の毛を、脱色して金髪に変えるまでブリーチすることは髪の毛にも頭皮にもかなり負担が大きいです。
ブリーチ剤の付着したところに痛みが出たり、熱を持ったりする場合もあります。

ヘアカラーを繰り返すと、頭皮に影響がありますか?

ヘアカラーを何度も(特に短い期間で)繰り返すと、頭皮に何度も薬剤が付着して炎症が起こる危険があります。

ヘアカラーの薬剤には、ほとんどの場合ジアミン色素という成分が含まれています。
ジアミン色素は刺激が強く、アレルギー反応や接触性の皮膚炎を起こす人がとても多い化学薬品です。

また、頭部には数多くの毛穴が存在します。
毛穴にヘアカラーやブリーチ剤などの液が詰まってしまうと、菌が繁殖したり、皮膚炎を起こしてしまう場合もあります。

しかし、髪の毛に傷みや枝毛、切れ毛が増えたり、髪の毛が細くなったように感じたりすることはあっても、特に自己免疫性疾患などの持病がなければ「ヘアカラーが原因ではげる」「毛根が死ぬ」ということはありません。

※ただし使い方を誤ると、髪の毛や頭皮に思わぬ影響を与えることも考えられます。カラー剤やブリーチ剤の使用方法や注意はしっかり守るようにしましょう。

頭皮のダメージを最小限に抑えるためにできることは?

「頭皮や毛根にできるだけダメージを与えたくない、でもやっぱりヘアカラーは楽しみたい。」
そう感じる場合、頭皮にできるだけヘアカラー液をつけないようにすることが大切です。

とはいえ、自宅の風呂場などで髪をヘアカラーすると、どうしても液をつけるときや洗い流すときに、頭皮に液が付着してしまいます。

都合が許す場合は美容室でヘアカラーをしてもらうようにすると、頭皮に液を付けないようにできるかもしれませんね。
美容室には市販されているよりもたくさんのヘアカラー液があると思います。髪質やなりたいイメージに合わせて、プロに選んでもらうこともできますと思いますよ。

≪あなたはどの肌タイプ?≫
「脂質肌」「乾燥肌」「混合肌」自分の肌タイプ知っていますか?

【医師からのアドバイス】

髪の毛はご自身のイメージを左右する大切なもののひとつです。

今後、年齢を重ねてからも健康な髪や頭皮でいられるように、頭皮・毛根のダメージはケアしていきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス