記事提供:心身調律セラピスト 岡田哲也のブログ

※2014年10月の記事に補足して再アップです。

素敵な発信をしていた知人が、子どもの安全のためにとSNSでの発信をやめちゃった。

でも、

『SNSに子どもの写真をアップするのは危ないよ。世の中いい人ばかりじゃないよ。

私はいい人みたいに見えるけど、悪いところもあるぜ』

『SNSに写真アップして誘拐とかされたらどうしよう?』

単に不安ワサワサ。なだけなんです。

周りの世界は自分の投影だから、ほんとはダークな自分を押し込めて人のためにの良い人ぶって生きてる人はSNSというツールを通してダークな自分を見るんです。

人を信じてないってことは自分を信じてないってこと。

『何かあったらどうしよう?』は単に今ワサワサしてるだけ。

まあ、確かに子どもの写真をアップすると好きだって言ってくれる人も嫉妬する人も現れます。

『かわいいねー』って言われて嬉しいのに、『リア充ウザい』的嫉妬を恐れてアップを辞めたら、嫉妬されることは無くなるけど好きだって言ってくれる人も同時にいなくなりますよね。

おまけにその嫉妬された時に感じた。ワサワサ感自体は何も変わらずにあなたの中にバイブレーションとして残ったままです。

ワサワサしてるから嫉妬してくる相手が現れるわけですが、嫉妬が怖いからとワサワサしない範囲で生きるようになったところで体験されることが目的のワサワサ感自体は変化していないんですよね。

だから再び嫉妬されるような出来事に遭遇したり、同じようにワサワサする出来事が起こっていったりするんです。

全てはワサワサ体験のためにです。頭でどれだけ嫌だと思おうが、魂的にはその体験がたまらんわけですね。

だから結局のところ、他人からどう見られるかはどうでもいいんです。

自分がどうしたいか?何が楽しいか?が大切なんです。

その上で他人からの視線や反応に対して自分に起こる反応を受け入れていく。それがすごく大切です。

ただ子どもの写真を撮ること、アップすることそのものが幸せならそれで自己完結の自己満足。

それで良いじゃないですか。

だってかわいいんだもの♡

SNSでの発信にブランディング的な狙いがあったり、仲間作りのためにとか、人から褒めて欲しいから、などの他人軸の欲求からやってたらどんどんキツくなるばかりですけど、行動の源泉が、ただ楽しいからやってる。ならやり続けたらいいんです。

その上で起こる出来事とか現れてくる登場人物とかによって湧き出てくる感情は大切な自分なのだからそのまま認めて感じていってあげたらいいだけです。

批判されたくなければ発信しなければいい。

事故りたくないなら車に乗らなければいい。

振られたくないなら告白しなければいい。

怪我したくないなら動かなければいい。

失敗したくないならチャレンジしなければいい。

落ちるのが怖いなら受けなければいい。

で、それで生きてるって言えるのかな?ってことです。

個人的には、行動の先にある感情体験をし尽くしていくっていうプロセスが、自分の枠を拡げる大切なステップだと思ってます。

別に自分の枠を拡げずにそのまんま生きていこうが構わないし、平日は望まない仕事してモヤモヤを感じ、休日はうちに篭って孤独を感じててもいいんですよ。

って感じですけど、でも、いろんな方を眺めてきて、本当にそれで納得してる人って、実はすっごい少ないように見えます。

『とにかく感情を感じればいいんでしょ?』って言われればまあそうです。

だけど、望まない仕事していて苦しむより、自分が望む臨界点を選んだ上でワクワクワサワサしてた方が、リアルな人間て気がするんですよね。

ドラクエ始めて不安だからとプレイもしないでワサワサを感じる。

ドラクエやりたいけどこれしなさいとママに言われたゲームをプレイしながらワサワサを感じる。

止めはしませんが
ドラクエの面白さを体感するのはいったいいつになるんでしょうね?

ほんとはどうしたいのかを意識して行動していく人と、他人軸に合わせてる人。

全て自分の投影だという話を聞いて素直に自分に向き合っていく人と、それでも他人基準で生きる人。

選択はご自由に。

だけど、二つの世界はもう交わらなくなってきてる。

これからもどんどん離れていくんだなーと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス