春は、出会いや別れの季節といったもの。この季節になると、切ない思い出が込み上げて、センチメンタルに浸ってしまうこともしばしばあるのではないでしょうか…。

あれから1年。未だにあなたのロスです

朝ドラ『マッサン』(NHK)で主人公の“マッサン”こと亀山政春を熱演された玉山鉄二さん。マッサンのモデルとなった竹鶴政孝氏は、ニッカウヰスキーの創業者であり、サントリーウイスキーの直接的始祖、マルスウイスキーの間接的始祖。「日本のウイスキーの父」の愛称でもお馴染みですよね。

我らがマッサン、玉山鉄二さんのウイスキーCMが放送開始!

『マッサン』の放送時より、いつかウイスキーのCMに彼を…と描いていたことが思い出されます。多くのドラマファンの夢が叶い、現在玉山鉄二さんは、“ニッカウヰスキーアンバサダー”としてアサヒビール株式会社のCMキャラクターをつとめられているんです。その最新バージョンとなる「ブラックニッカ クリア」の新TVCM『ブラックニッカハイボールで乾杯篇』が、3月29日より放送開始!

まずは、世に出てまだホヤホヤ、最新の“マッサン”をご覧ください。

出典 YouTube

ああ…。ウイスキー製造工程のひとつひとつの所作に、あの頃のマッサンを投影せずにはいられません。この最新CM放送前日の3月28日は、ちょうど『マッサン』の最終回から丸1年。あの涙すら枯れた最終回を思い起こし、1年越しのマッサンロスに駆られている人が後を絶たないようなんです。

依然として、玉山鉄二さんがマッサンのまま私たちの心に息づいていたことが、再確認させられます。ひょっとすると、マッサンロスに打ちひしがれないために、作品のことを考えないようにさえしていたのかもしれません…。それにしても玉山鉄二さん、相変わらず“マッサン”そのものですよね。

最近はブレンドにも興味津々

僕はウイスキーが大好きで、最近、特にブレンドに興味があります。きっかけは、プレミアム・ブレンデッドウイスキーの「ザ・ニッカ12年」。初めて飲んだとき、シングルモルトウイスキーでは味わったことのないバランスの良さと、どこまでもまろやかなのに奥深い味に驚きました。

出典 http://www.nikka.com

さらには新CMを記念して「ブラックニッカ クリア」のハイボールの作り方動画を公開!アンバサダー自ら作り上げる姿に、ウイスキーを生涯かけて愛した竹鶴政孝さんの面影と、玉山鉄二さんの生き様を感じずにはいられません。

出典 YouTube

感無量になってしまう動画はこちらからどうぞ。

世の“1年越しマッサンロス”が止まらない

1杯のシングルロックに、マッサンを想う…。

玉山鉄二さんのウイスキーCMと、ちょうど最終回から1年という時期もあってか、世のマッサンロスが再発しているこの頃。ですが、1年越しロスの原因はこれだけには留まりませんでした。ちょこちょこと世間が放ってくる何気ないニュースが、マッサンロスな人々にはとてつもない衝撃を与えていたことが明らかに…。

みずほCMトリオが、もはやただの朝の顔

現在放送中のみずほ銀行CMでお馴染みのお三方。『マッサン』の玉山鉄二さん、『あまちゃん』の福士蒼汰さん、『花子とアン』の鈴木亮平さん。へ…、朝の顔オンパレードに、もはやマッサンに限らず朝ドラロスが加速!全員スタイルも抜群で端麗なお顔立ち…。興奮を通り越して何だかつらくなってくるのは気のせいでしょうか。

「やっちゃえ、NISSAN」がアレにしか聞こえない

エリー!!『マッサン』でヒロインをつとめられたシャーロット・ケイト・フォックスさん。現在出演されているNISSANのCMでお馴染みのフレーズ、「やっちゃえ、NISSAN」が「やっちゃえ、マッサン」にしか聞こえないと話題になっているんです。言われてみれば…(笑)。しかも「やっちゃえ、マッサン」って、劇中のエリーがいかにも言いそうなセリフなんですよね。

「やってみなはれ!」の鴨居の大将見参!

大将(涙)。『マッサン』で堤真一さんが演じられた鴨居商店を立ち上げた鴨居欣次郎。モデルとなったのはマッサンの良き理解者にして最高のライバルとなったサントリー創業者・鳥井信治郎氏。玉山鉄二さんがニッカウヰスキーアンバサダーに就任されていた頃、大将もサントリーのウイスキーを宣伝するといった事態に!これにはファンならずともドキリとさせられる、至高の人選だったのではないでしょうか。

シャーロットさんご自身が、1年経った今もロス状態だった

まずは、こちらのシャーロットさんのTwitter画面をご覧ください。

ヘッダーに使用されている感動的なイラストは、もちろんマッサンとエリー。『マッサン』ファンの方からTwitterを通してプレゼントされたイラストを、ご自身でヘッダーに採用されたシャーロットさん。

ですが、実はイラストが贈られたのは、昨年の2月。まだ『マッサン』の放送中のことでした。放送が終了し、1年以上が経過した今でもこのイラストを使用し続けており、他ならぬシャーロットさんこそ、何よりのマッサンロスであることが判明!?それにしても胸に込み上げてくるものがあるイラストですね…。

久々の再会ショットに、こっちが泣きそう

So very full of joy to see my sweet, sweet cast mates today! I had missed them so very much.❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️

出典 https://www.instagram.com

by.シャーロットさん。

今日はミュージカル「CHICAGO」を観劇。素晴らしかった。シャーロットさん演じるロキシーに魅せられました。個人的にシャーロットさんがステージに出てきただけで泣きそうになっちゃったけど。玉山鉄二さんと八嶋智人さんと4人で記念写真♪

出典 https://twitter.com

by.浅香航大さん。

ああ…英一郎(泣)。先ほどご紹介した堤真一さん演じる“鴨居の大将”の息子役を演じられたのが、左にうつる浅香航大さん。劇中で志半ばに若くして亡くなってしまう英一郎の無念を想い、どれだけ視聴者が涙したことか…。

右にひょうきんにうつる八嶋智人さんは『マッサン』の広島編・大阪編・北海道編とずっと一緒だった“俊兄”ではありませんか!俊兄の「お坊ちゃま!」が恋しいよ。

出演者の皆さんは今でも仲良し♡昨年冬、NY・アンバサダー劇場、東京東急シアターオーブ、大阪梅田芸術劇場にて、シャーロットさんが出演された舞台『CHICAGO』を皆さんで観劇されているのが微笑ましくてたまりません。

シャーロットさんのInstagramには、他にも懐かしのあの方々が!

エリーの味方、キャサリンとの絆は永遠

キャサリン(涙)。劇中では国際結婚をしていたキャサリンは、エリーの大切な味方でした。濱田マリさんが本当にはまり役でしたよね。

英一郎と一馬は、もはやエリーの息子達!

先ほどの英一郎、そして堀井新太さんが演じられた一馬に囲まれるエリーにグッとくるものがあります。エリーの娘、エマの初恋相手だった一馬…戦争により結ばれることは叶わず、彼は戦場にて帰らぬ人となりました。一馬の出征における深い悲しみや、人間模様は時間をかけて描かれており、いかに戦争があってはならないかということを改めて考えさせてくれたように感じます。

お茶目な“俊兄”が、みんな大好き!

メディアが何気なく伝える『マッサン』の片鱗や、懐かしの再会にマッサンロスは加速する一方!また、シャーロットさんが主演をつとめられ、つい先日放送されたドラマ『名探偵キャサリン 消えた相続人』(テレビ朝日系列)は、“再共演”のオンパレードだったといいます。

名探偵ドラマが、“隠れ共演”のオンパレード!

「シャーロットさんとはまさかこんなに早く再共演できるとは思っていなかったので、再会した時にはハグをして心から喜びました

出典 http://www.oricon.co.jp

エリー&栄一郎の再共演が実現!シャーロットさんは浅香航大さんについて、「とても大人になったなぁ」と感じ、より一層魅力的になったと思われたそう…♡

ジョージ…。エリーが娘・エマに、戦争へ行かなければいけない男性との恋がいかにつらく苦しいものかを語る際、明かされた存在が初恋の相手、ジョージでした。この彼がひっそり出演されていたことに、マッサンファンは歓喜!

さらには他ならぬエリーのお母さんまで!このキャスティングは、マッサンファンへのプレゼントだったかもしれませんね。

最後にちょっぴり、ホロリとくるエピソード

放送終了からどんなに時が経とうと、私たちや演じられた方々の心に『マッサン』は生き続けていました。生涯寄り添った夫婦を演じられた主演のお二人の中にも、これからもずっとマッサンとエリーが生きていくのだと感じられます。

夫婦さながら、息ぴったりの玉山鉄二さんとシャーロットさんでしたが、撮影当初は意外にも「彼女の心地いい距離感探しが難しかった」と語られた玉山鉄二さん。初めは慣れず、シャーロットさんに食事の誘いに乗ってもらえなかったこともあったそう。一方で、風の頼りでシャーロットさんが「玉山さんは私のことを好きじゃないのでは」と悩んでいることを知った玉山さんは、「全然そんなつもりはなかったので、ボディータッチを増やしました。そこから距離が縮まった」と当時を懐かしまれていました。

また、10カ月に及ぶ撮影で体重は10キロ減り、撮影終了後は「モノクロのようになった」といいます。玉山さんは、“マッサン”のモデルとなった竹鶴氏の親族から愛用グラスを贈られ、完成した最終話を自宅で見ながらウイスキーを味わい、ご自身をねぎらわれたそう。

酔っぱらうと寂しくなるので、マッサン出演者のLINEグループに夜中に“みんな元気?”ってラインして、既読がつくまでずっと見てました。けっこう暗いんです」なんて意外かつ微笑ましいエピソードを語られていました。

そんなスタジオクランクアップの舞台裏は、涙ナシでは語れない

玉山さんが、竹鶴氏の愛用グラスでウイスキーを味わいながら噛み締めたという最終回。スタジオ撮影がクランクアップとなった日のことは、涙ナシでは語れない壮絶なものだったといいます。

この日は、夫婦2人で最期の時を過ごし、マッサンがエリーを看取る臨終シーン。何度も最後のシーンを撮り直し、3時間近く遅れて終了した。

最後のモニターチェックでは、玉山さんに寄りかかったシャーロットさんは、涙を零し嗚咽を漏らしながら、撮影された映像をモニターで確認し、終了の合図が上がると、2人は泣きながら抱擁した

出典 http://ameblo.jp

シャーロットさんは「感謝の気持ちで体中、溢れています。」と笑顔で話し、更に、日本語で「ゴメンナサイ」と切り出すと、感極まって「涙で全部飛んでしまいました」と用意していた日本語スピーチを忘れたと告白した。

英語で「今日という日は、はるか遠くの日だと感じていました。(収録前の)恐怖が温かみに変わり、特にマッサン・玉山さんには心から感謝しています」と挨拶し、母国の米国に家族を残して10カ月に及んだ収録を振り返った。

玉山さんも「シャーロットが日本での女優初仕事でもあり、当初は日本語も全く話せなかった。僕がいっぱい、いっぱい、耐えて引っ張っていかなきゃ、と。現場でどんなに苦しくても、辛くても、笑顔を絶やさないようにして来た。前半はずっと、自分にウソをついていた。愛が溢れた素晴らしい現場でした。」と声を出して男泣きした。

出典 http://ameblo.jp

もはや、役そのものになって生涯をともにしたといっても過言ではないお二人。エリーの臨終のシーンをモニターでチェックしていた玉山さんとシャーロットさんは、その悲しみのあまり抱擁しながら嗚咽し続けていたといいます。このエピソードに触れているだけで、1年経った今でも、込み上げてくるものがありますね…。

夢中になった作品や表現物を思い返すと、その時味わった感情が一瞬で蘇ってくるような経験があるのではないでしょうか。ドラマ『マッサン』も、どれだけの時が経過しようと、私たちの心にそっと寄り添い続ける作品となってくれたのだと感じられます。「二人で、生きていくと決めました。」このキャッチフレーズを掲げていた『マッサン』が残してくれた温かい気持ちを、うららかな初春が訪れる度に、きっとこの先も思い出していくのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

くろりん このユーザーの他の記事を見る

有名人の意外な素顔・夫婦愛を中心に書いています。まだ世の中で隠れている素敵な出来事に、スポットライトを当てることが出来たら嬉しいです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス