記事提供:messy

端正な顔立ちで印象的な切れ長の目が、より一層クールさを際立たせるものの、フレンドリーでユーモアのある独特な世界観が魅力的な及川光博。

コメディーからシリアスまで幅広い役を個性的に演じ分け、さまざまなドラマや映画に引っ張りだこの彼が、3月13日に放送された『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)にゲスト出演していた。

今となっては俳優のイメージが強いが、26歳の時に歌手デビューを果たしている。生まれ持ったバリバリの王子様キャラを発揮した抜群のセルフプロデュースが大成功し、「ミッチー」の愛称でたちまち人気を博した。

46歳となった現在もアーティスト活動は継続中で、毎年ライブも行なっているとのこと。今回番組では、そんなマルチに活躍するミッチーの幼少期から現在までの数々の逸話が明かされることになった。

リアルおぼっちゃま時代

なんでも、ミッチーのお父様は実業家で、コンビニや薬局など数々の事業を手掛ける経営者だったため、当時の及川家にはお手伝いさんが3人もいたらしい。わぉ!リアルおぼっちゃまじゃないっすか~!

裕福な家庭で何不自由なく育ったミッチーは、幼い頃から「端正な美少年」と評判だったとか。その頃から美意識が人一倍高く、愛読書は池田理代子作の『ベルサイユのばら』(集英社)だったとのこと。

小学生男子ならジャンプやマガジンなどの人気雑誌に夢中になっているような時期だろうに、少女漫画の傑作である『ベルばら』にハマるなんていかにもミッチーらしい。

また、おぼっちゃまだけに怪我をさせまいと大事にされすぎて、あまり運動が得意ではないのかと思いきや、運動神経抜群だったミッチー少年。学校の成績も超優秀で、通っていた進学塾で行われた全国模試では1位になったこともあるそうだ。

すご~!!小6の時には生徒会長を務めるなど、まさに文武両道のパーフェクトボーイだったようだ。

ヤバすぎるモテ期

そんなパーフェクトすぎるミッチー少年に女子たちは当然み~んなメロメロ。一方で、男子からは「キザオ」と呼ばれてからかわれていたらしい。

まぁ、身近にそんだけのパーフェクトボーイがいたら手も足も出なくて、軽く嫌みなあだ名を付けることぐらいでしかモヤモヤを解消する手だてがなかったのであろう。

中学生になると、ミッチーは演劇部からスカウトされていきなり主役に抜擢されたそうだ。するとその演技力に女子たちが虜になり、ミッチーのファンクラブまでできたのだとか。もう、モテ期が止まんな~い!

そんなふうにモテすぎるあまり、バレンタインデーにはお決まりの儀式があったそうだ。後輩から紙袋を渡されたミッチーが廊下の端から端まで歩いている間に、そこに並んでいる女子たちからチョコレートが投げ込まれるという、

まるで漫画みたいなやり方でチョコをプレゼントされていたのだとか。その数が毎年60個を超えていたらしい。もはや、誰がどのチョコをくれたのかもわからないし、ちょっとしたアイドルイベントと化していたのだろう。

順調すぎたスター街道だったはずが…

高校生になるとグランドホッケー部のキャプテンを務め、いつしか引き締まった筋肉美まで手に入れたらしい。いったいどこまで上り詰めるんだか~!

そして、卒業後は成城大学の法学部に進学しつつ、スターを目指して俳優養成所の門を叩いたとのこと。しかし、ずっとスター街道を歩んで来たミッチーだったが、オーディションを受けても全て落選という残念な結果に…。

絵に描いたようなおぼっちゃま生活を送っていたミッチーであったが、俳優としてはまるで芽が出ず、アルバイトで生活費を稼ぐ日々を送ることになったのである。ちょうどこの頃に並行してアマチュアバンドを結成し、バンド活動を始めたそうだ。

スター誕生!からの「王子転職宣言」

すると、そのバンド活動がきっかけで25歳にして転機が訪れることに。ライブを見た関係者から「君、うちでスターにならないか?」とスカウトされ、26歳で華々しく歌手デビューを果たしたのである。

「ミッチロリン星から来た王子様」(!!)というコンセプトのもと、作詞作曲から振り付けまで全てをセルフプロデュースしたミッチー。デビュー後に王子様役で出演した「マツモトキヨシ」のCMが話題となり、一気に知名度を上げることに。

その後、もともと目指していた俳優としての道も開けたのである。

王子キャラでブレイクしたミッチーであったが、ブームとなった頃にはすでに「このはしごは絶対外される!」という危機感を抱えていたそうだ。

売れっ子でありながら冷静に時代の流れを察知していたミッチーは、先手を打つために自ら王子キャラを封印させることに。なんでも、コンサート会場で「王子辞めます!」とファンに宣言したとのこと。

それを聞かされたファンの方々には相当な衝撃が走ったのではなかろうか?

自分で作り上げたキャラを自分で潔く潰してしまうなど、ミッチーはとにかくセルフプロデュースに長けていたんだなぁ。

2011年に美人女優の檀れいと結婚したが、美意識の高そうなお似合いのカップルで、ある意味素晴らしい最高のセルフプロデュースだったような気もする。

革靴を信じすぎるミッチー

また、「今一番気になる言葉とは?」という番組からのアンケートでミッチーが回答したのが「スニーカー」だった。最新のスニーカーでも新調したいのかと思いきや、「スニーカーを一足も持ってないんです」と、

まさかの「スニーカー0宣言」にどよめくスタジオ。なんでも、一年中革靴しか履かないらしい。え~!夏場とか蒸れてヤバいんじゃないっすか!?

「中学生の頃からずーっと革靴で育っちゃったっていうか暮らして来たので、スニーカー履くと逆に落ち着かないです」と、驚くMC陣に淡々と解説するミッチー。ダンスの時も常に革靴らしいのだが、

「革靴は普段着」というミッチーポリシーを聞いて、王子転職宣言をしたものの、根っからの王子様気質はそう簡単に抜けるものではないと感じた次第であった。

大好物はペヤング!?

そして、もうひとつの気になる言葉に挙げたのが「ペヤング」だった。そう、あのお馴染みのソースやきそばのことである。「ペヤング嫌いな男子っていないよね?」とペヤング愛を語り出すミッチー。

けれども、体型維持を気にして昨年の8月から「ペヤング断ち」をしているとのこと。ずーっと我慢しているが、食べたくて仕方ない時がたびたびあるそうだ。特に酔って帰って来た時に食べる「真夜中のペヤング」が堪らなく好きらしい。

今回番組では、そんな「ペヤング断ち」を解禁すべく(勝手に!)、7カ月振りにミッチーにペヤングを食べてもらうことになった。

大好物だけに、かやくを麺の下に入れてからお湯を注ぐなど、こだわりのテクニックを披露しながら久々のペヤングに心躍らせるミッチー。

ちなみに、家で食べる時は待ち時間にリビングでダンスをひと踊りしているらしい。スターはちょっとの時間も無駄にしないのである。

そして3分が経ち、いざ7カ月振りのペヤングを口にしたミッチーは、「う~ん、う~ん!むうぅ~ん!うん、うん、むうう~ん!!」と何度も頷き、モグモグしながら深く唸り声を上げて、愛しのペヤングとの久々のご対面を噛み締めていた。

あまりの嬉しさに感極まったのか、しまいにはカメラ目線で「ペヤング~!」と雄叫びを上げるミッチーであった。感動のご対面ができて良かったですね~!

おぼっちゃま育ちで王子様キャラ出身のミッチーだけに、高級グルメばかりでインスタント食品は「一切食べたことがない」なんて答えが返ってきそうなのに、まさかぺヤングが大好物だったとは…。

ミッチーがペヤングのCMに抜擢される日も近かったりして!?もし実現した暁には“ペヤング愛“に溢れた「ペヤングの出来上がりを待ち焦がれる舞」をミッチーこと“ペヤング王子”に披露していただきたいものである。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス