みなさま、「親切心の逆効果」という言葉を知っていますか。

良かれと思ってやったことが、裏目に出るという意味のようです。

ツイッターユーザー「将鼓(@shoukootaden)さん」のつぶやきに、「なるほど、それもあり得るな」と感心しましたので、ご紹介させていただきます。

いったいどんなつぶやきなの?

そのつぶやきは、

たとえば「友達の○○○が行方不明で探してます!」みたいな画像付きのリツイート回ってきても、基本RTようせんのよね

出典 https://twitter.com

といった内容が含まれており、4000を超えるリツイートを伴い、人々の関心の高さをうかがわせております。

それでは、そのつぶやきをご覧ください

◎ツイートはこちら

わたくしもツイ主さんと同じ考えで、【拡散希望】であってもリツイートは控えるようにしております。

実際、ストーカーがネットやSNSを駆使して、被害者を探し出したりする事件も発生していたように記憶しております。

中には本当の情報もあるのでしょうから、協力したいという気持ちもなくはないのですが、安易な親切心で恐怖から逃れたい人を追い詰めることになるという可能性もあるのですから、よく考えるべきかもしれませんね。

◎ネット絡みで起こった事件

逗子ストーカー殺人事件(ずしストーカーさつじんじけん)とは、度重なるストーカー被害のすえに、2012年11月6日に神奈川県逗子市で女性が殺害された殺人事件。ストーカー被害が把握されていたにも関わらず事件を防止できなかったことが問題視された。

出典 https://ja.wikipedia.org

この事件は、結婚してしまった被害者の元カノが、ストーカー行為を繰り返す加害者から逃れるために転移したが、ネットや探偵事務所を使い住所を特定し脅迫メールを繰り返した揚句、凶行におよんだとのことです。

◎見つかったとしても、ネット上に個人情報が残る…

本当の人探しに於いても、発見される直前までSNSにおいて【拡散希望】ということで名前や顔写真を伴った捜索が行われておりますので、いざ発見されるとそれらが全て負の情報になってしまいまう可能性もありますからね。

◎動物の捜索願いも…

こちらは12000を超えるリツイートを得ておりますね。動物を利用して、リツイートで拡散させ情報を得てストーカー先の被害者の居所を探すことも十分に考えられます。

わたくしも以前、「犬を探しています」系の【拡散希望】をリツイートした記憶があります。人間の捜索願いの場合は、いろいろなことを想定して慎重になりがちかと思われますが、犬の場合は無条件で拡散してしまう人が少なくないように感じます。

現に、わたくしがそうでしたので。

とにもかくにも、個人的には「人探し」というなの【拡散希望】のツイートやリツイートはするべきではないと思います。行方不明になっている大切な人が、そのツイートが原因で危険な目に遭う可能性も捨てきれません。

何度も書きますが、仮に見つかったとしても、その大切な人の個人情報がネット上に残り、更なる危険にさらされる恐れもあるのです。もし、大切な人がいなくなって手を尽くしても見つからなかった場合、SNSに頼らずに警察に連絡することが賢明だと思います。

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス