スーパーのレジなんかでよく見かける、小銭を入れるトレーにくっついている丸いくぼみ。このトレーと丸いくぼみに関する、ある店員さんの訴えかけが話題になっています。

小売業からの切実な願い!ココに小銭を入れないで!

これはたしかに多くの人が“小銭を入れるため”のトレーと思っている可能性が高いですね。

でも実はこの丸いくぼみは、トレーに乗った小銭を確認した後に、店員さんが片手で掴んで取りやすくするためのものだったんです…。

勘違いしてる人も多いみたいで…

その気持ちも分からなくはないです…。

たしかに分かり辛くはありますよね…。

良かれと思って…。

しかし、ここに小銭を入れると、店員さんは手で小銭を取り出してから改めて数えないといけないわけですね。

それはたしかに手間がかかりますね…。

この訴えかけには同意する人も多いようで…

経験者は語る…。

禿同。

15枚以上は絶対ダメだ…。

こんな困ったお客さんも…。

顔で笑って心で…怒ってるのか…。

みなさん同じことを感じていたんですね…。

ちなみにこちらが正しい(神対応)置き方

その店員さん曰く、「くぼみにPカード立てかけて、紙幣置いて、その上に小銭を金種別に並べてくれると神様」ということなので、以下のイラストを是非覚えておきましょう。

分かりやすいですよ。

これをキッカケに、是非この知識が広まると良いですね。

ちなみに、逆にお客さん側からも、「お釣り渡す時に、レシートの上に小銭置いて渡すのをやめてほしい」なんて意見も出ていたので、なんならもういっそお互いのルールをどこかに貼り出しておいてほしいものですね…。

とはいえこれで丸いくぼみの使い方は分かったので、今後あのくぼみを見た人は、間違っても小銭を入れないようにしましょうね!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス