筆者が住むイギリスでは子供の安全性を考えて「ハーネス」は一般化しています。ハーネスをつけた子供を見ても「可哀相」という感覚はありません。むしろ「チョロチョロ動いて目が離せない子供には便利」と思われています。

筆者は子育てをイギリスでしていますが、息子が1歳半になってハーネスは購入したものの結局使いませんでした。「うちの子は絶対必要」と思っていたのですが、よちよち歩きだった頃の方が視界に入り、5歳になった今の方が全力で走り回って見失いそうになるために、今の息子につけたいぐらいです。

ハーネスに関して日本では賛否両論が

Child on a leash
by The DLC

2014年にあるテレビ番組でハーネスのことが取り上げられて、ネットで物議を醸しました。「ペットじゃないんだから子供に紐をつけるのはおかしい」といったハーネス反対派の意見もあり、日本ではやはり普及率が少ないためにこうした意見を持つ人も少なくはないのだなと考えさせられました。

どう思うかは親の価値観にもよるが…

On the leash
by Stemack Street

筆者の住むイギリスでは、子供のハーネスは単なる安全のためではなく、親とさえも手を触れ合うことを拒否してしまう重度の自閉症の子供に装着する人もいます。子供を紐でつなぐことを「虐待」と思うかそうでないかは、親の価値観にもよるでしょう。

つい先日、ベビーカーを押したお母さんが自転車に乗った子供にハーネスをつけていました。自転車に乗った子供は多分、筆者の息子と同い年ぐらいだったかと思います。自転車に乗ることに慣れていると、ベビーカーを押してゆっくりしか歩けない母親よりも先に進んでしまう可能性が十分あります。

公園などスペースがある場所では問題はないでしょう。でも、車の往来が激しい歩道の場合は自転車に乗った子供がどんな拍子でスピードを出したり、よろけて道路側に倒れてしまうかわかりません。

ハーネスは適度な長さで、自転車に乗った子供とお母さんが押すベビーカーを繋いでいました。だから子供もスピードを出すことなくゆっくりと自転車を漕いでいました。その光景を見て「あ、これはいいな」と思った筆者。

二人以上の子供を持つお母さんにとっては、違う意味で手のかかる年の離れた子供がいた場合、目が届く範囲に限界があります。そのためにもハーネスは近距離で安全性を保つものとしてイギリスでは重宝されているのだということがわかります。

「育児をハーネスに頼るのはおかしい」という意見も

Gotta remember to duck UNDER the leash next time.
by jdsmith1021

日本では賛否両論ありますが、リュックタイプのハーネスも出回っているようでハーネス賛成派には割と人気なようです。でも反対派の意見の中には「ハーネスに毎回育児を頼るのはおかしい」というのもあり、子供の安全性よりも世間体を気にする社会、日本ならではの意見だと感じました。

ハーネスは、子供が危ないことをした時にグイと引っ張るだけのものではありません。当然、子供とのコミュニケーションが必要です。ハーネスの紐の長さにもよりますが、適度な距離で子供を自由にさせるということもできる点では、むしろハーネスを付けた方が便利とさえ思う人もいます。

あるイラストレーターが投稿した一枚のイラストが秀逸

出典 https://www.instagram.com

現在、イラストレーターとして活躍されている横峰沙弥香さんが、自身のインスタにこちらのイラストを投稿されていました。「子供が犬みたいで可哀相と思うなら、逆にお母さんが繋がれていればいいんじゃない?」というもの。

ハーネス装着に賛成派である横峰沙弥香さんは、ご自身の子育ての経験をもとにハーネスは絶対必要だとコメント。「無責任な『かわいそう』は誰も幸せにしないよね」というコメントには賛成するフォロワーも多くいるようです。

見た目云々ではなく、やんちゃな子供にも自閉症子供にもハーネスは大きな意味を持つものではないでしょうか。パパやママが子供を追いかけるのが面倒で育児を楽したいからではないのです。子供は本当にちょっと目を離した隙にいなくなったりするんです。

筆者も息子が3歳の時、ちょっと目を離した隙にショッピングモールで35分間も迷子になった経験がありました。ハーネスをつけていればこんなことにはならなかったのに、と思ったのも事実。あの35分間は地獄の時間に感じました。

ハーネスが一般化しているイギリスに住む筆者の意見としては、ハーネスは賛成です。ハーネスは「子供とママの心を繋ぐ紐」だと考えてみてはいかがでしょうか。万が一の時に見失わずに済み、万が一の時に子供に怪我をさせずに済むとホッと安心できるのは、ハーネスをつけているから。

ハーネス賛成派のママには、「自信を持って」利用してほしいです。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス