記事提供:秒刊SUNDAY

人には「やってはいけない」と言われるとついやりたくなってしまう、という困った特性があります。「押すなよ、押すなよ」と言われれば押したくなるし、「混ぜて食べてください」と言われると混ぜないで食べたくなるワケです。

というわけで、今回は『混ぜないと怒られる』と噂の銀座のカレー店「ナイルレストラン」で混ぜて食べるカレー「ムルギランチ」を混ぜずに食べる事に!果たして本当に怒られるのでしょうか!?

噂を聞きつけてさっそくやってきたのが、東銀座にある「ナイルレストラン」。日比谷線・都営浅草線 東銀座駅A2出口から徒歩1分という驚きのアクセスの良さです。

ナイルレストラン

日本最古のインド料理店であるナイルレストランのオープンは1949年。オープン当初から変わらない味を提供する老舗として有名なお店です。そんなナイルレストランの入り口には、何やらありがたそうな像が…

店内には1階席と2階席があり、ランチタイムとだけあってどちらもかなり賑わっていました。席にはインドビールの三角POPが。これがモンドセレクションも受賞した「ゴールデンイーグル」…仕事じゃなかったら飲むんだけどなぁ。

メニューはわかりやすい日本語&英語表記。カレーライス欄には「海老」「マトン」「キーマ」「チキン」などお馴染みのメニューの他に「ヨーグルト」など若干「!?」となるメニューも。

ご飯物欄に記載されている「プラオ」はインド風ピラフのような食べ物だとGoogleが教えてくれました。しかし料理欄に至ってはハイレベルすぎて断念…

――――さて、今回頼むのはもちろん「ムルギランチ」!この「ムルギランチ」こそが混ぜて食べるスタイルのカレーです。

それではさっそくオーダー!すみませーーーん!!!

店員「ご注文は?」

あら、イケメン。

さすが老舗インド料理店とだけあって異国情緒溢れる店内でしたが、流暢な日本語の店員さんにオーダーを取って貰います。オーダーが済めば料理が到着するまでの間、店内をじっくり観察。

異国情緒溢れる雰囲気で素敵。ガラス窓に立てかけてある「やさしいインド料理」の本が気になって仕方ありません。

ちなみにこの日は湯川も一緒でした。この間は大人しくこき使われてくれたので、今日は平和にランチです。

湯川「なんでインド料理店なのに『ナイル』レストランなんだろうね~」
山崎「ナイルってアマゾンでしたっけ」
湯川「エジプトだろ」

―――――そうこうしている間に、料理到着!!

ドン!!これが、噂の「ムルギランチ」!!

わー、美味しそう!さっそくいっただきま~す…と思ったら…

ずいっ。

イケメン店員さん登場。

ナイフとフォークを手にしたイケメン店員さん、にっこりと会釈してムルギランチに手をかけます。そしてあれよあれよという間に解体されてゆく肉…

数十秒後、こんなんなりました。

なんというサービス精神!そして超絶美味しそう!!

「ムルギランチ」の構成はチキン・グリーンピース&キャベツ・ポテト・炊き込みご飯。サラリとしたルウと食べやすい大きさにほぐされたチキン、そして野菜が絡んでとても美味しそう…

…と、ここで。

イケメン店員「ゼンブ マゼテ タベテ クダサイ!」

キターーー!!!これが噂の「混ぜてね!」指示。それでは本題の『混ぜないとどうなるか検証』を実施しながら、じっくり味わっていきたいと思います。

まずはルウと炊き込みご飯。

パクッ、モグモグ…

うーん、美味!

ルウは芳醇なスパイスの香りと深いコクがたまらなく、クセになる味わいです。そして思ったよりも辛くなく、むしろ少し甘めでまろやかなお味がご飯との相性抜群。ザ・インドカレーというより日本のカレーの味に近いですね。

パクパク、モグモグ…(店員さん、声掛けて来ないなぁ…)

チキンはよく煮込まれていてホロホロ。ルウの味が染みてたまりません!添えられた野菜はシャキシャキとした感じがアクセントになっていて、ポテトを絡めればふわりとまろやかに。

混ぜて食べてねと言われましたが、個別に食べるのもまた一興ですね!

パクパクパク、モグモグモグ…(店員さん、声掛けて来ないなぁ…)

パクパク、モグモグ…(店員さん、声掛けて来な…おっ!?)

混ぜずにチラチラ店員さんの様子を伺いながら食べていたものの放置プレイでしたが、ここで店員さんがお水を注ぎに来てくれました!

これは…来るか…!?来るか…!?

来なかった。

最後まで温かく見守ってくれた店員さんでした。

最後に、何も言わずに笑顔でお皿を下げてくれます。

後日検証してみると、「混ぜないと怒られる」というのは少々噂に尾ヒレ背ビレが付いていたようで、「混ぜなくても怒らないけど、混ぜて食べると美味しいよ!」というスタンスのようでした。なるほどね…。

ちなみに「ナイルレストラン」の名前の由来は店主のお名前の様子。現在は2代目となるG.M ナイルさんがお店を切り盛りされていて、なんとカレー店を営みながら芸能事務所にも所属するスゴイ人のようです。

―――というワケで、「混ぜないと怒られる」という噂は残念ながら検証できませんでしたが、優しく深い味わいのカレーのように優しく深い心で一部始終を見守って頂けたナイルレストランレポートでした。

今度はちゃんと全部混ぜてから頂こうと思います。美味しいカレー、ご馳走様でした!

ナイルレストラン

アクセス:日比谷線・都営浅草線 東銀座駅A2出口から徒歩1分(昭和通りと晴海通りの三原橋交差点近く東銀座駅から88m)
営業時間:平日/11:30~21:30 日曜・祝日/11:30~20:30
定休日:火曜日

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス