3月24日、俳優の石田純一さん(62)とタレントでプロゴルファーの東尾理子さん(40)に、待望の第2子である長女が誕生しました。そしてこの度、赤ちゃんのお名前が「青葉(あおば)」と命名されたことを、石田純一さんがご報告!生まれたばかりの青葉ちゃんを囲んだ家族4人のお写真から、幸せが溢れ出ているのが伝わってきますね。

“不妊”じゃなくて「TGP」と掲げた理子さんから喜びの声が!

3月24日、3678gの元気な女の子を出産いたしました。

TGP生活中、そして妊婦期間中を温かく見守り、応援、励まして下さった皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m
現代の医療で新しい命を授かる事が出来た事、母子ともに元気で出産を終えられた事、たくさんのキセキに感謝で胸がいっぱいです。

妻として、母として、家族4人が更に楽しく笑顔満載の日々を送れるよう、毎日を大切に過ごしていきたいです。

出典 http://ameblo.jp

出産のご報告をされたブログの中で「TGP生活中」と書かれています。理子さんは2011年、「妊娠するために病院に通います!」と宣言。「不妊の『不』はネガティブだから、TGP(=Trying to Get Pregnant “妊娠しようとがんばっている”)って言っています」と語られ、赤ちゃん待ち中の多くの女性に、妊娠への希望やエールを送られ続けてきました。この「TGP」は、理子さんの造語。とっても前向きに妊活に向き合える魔法の言葉ですよね。

62歳のビッグダディが「4人の子供たち」への想いを告白

3月24日に待望の娘が産まれました。

3678gで少し大きいのかな!?でも、53センチメートルでスラッとしてます

名前は『青葉』。

目にも鮮やかな木々の新緑のイメージです。玄武白虎朱雀青龍で言えば活力、生命力の青がとても気に入っているからでもあります

それぞれの子には、それぞれの道を歩んで優劣ではなく人生の幸せを掴んでほしいと思っています
本当に楽しみです

理子は無事に産んでくれて、青葉は産まれてきてくれてありがとう

石田純一の人生もまだまだ続きますが、また新しい人生を共に歩んでいける喜びと感謝で一杯です

出典 http://ameblo.jp

石田純一さんには、最初の元奥さんとの間に俳優でありDJとしても活躍されているいしだ壱成さん、二人目となる前妻との間に女優、歌手、タレント、モデルなどとマルチに羽ばたかれているすみれさん。そして理子さんとの間に2012年11月に誕生した長男の理汰郎くん、誕生したばかりの小さな天使、青葉ちゃんがおり、4人のお子さんのビッグダディとしても有名な存在です。

青葉ちゃんが誕生した喜びのブログでは、“それぞれの子”として4人の子供たち全員の幸せを願う胸中を綴られていました。今は、青葉ちゃん誕生の想いが先行してしまいそうですが、離れていても平等に4人の我が子を想う姿に、石田さんのお人柄を感じずにはいられません。

妹とは41歳差!壱成さんにとって、理子さんは“年下のお母さん”

そんな“それぞれの子”こと、壱成さんやすみれさんからの祝福メッセージが続々!壱成さんにとって、青葉ちゃんはなんと41歳差の妹となります。また、理子さんは壱成さんよりも年齢がひとつ下のため、“年下のお母さん”でもあるんです。

生まれて来ました!
改めてになりますが、妹がもう一人出来ました。

兎に角、健康に育っていってくれたら嬉しいです。

妹でした。

どんどん家族が増えて行って有り難い想いです。
歳の差って全然関係なくて、母は母だし弟は弟だし、やっぱり妹は妹なんだなぁと改めて感じます。

兎も角、母子共に健康で本当に安心しました。

25歳差の妹に、自作の子守唄を披露したすみれさん

きょうだいたちのお母さんは違っても、お互いの幸せを常に想い合い、バースデーパーティーなどで集合されることが多い石田ファミリー。新しい家族の誕生もあり、兄妹4人、ますますの絆を強められていくことが陰ながら楽しみでなりません。

誰もが祝福する娘の誕生。しかし、理子さんは不安を抱えていた

娘が産まれた後、一番心配だったのが理汰郎との初対面
受け入れてくれるのか、拒絶するのか、喜ぶのか、無視するのか、怒るのか、泣くのか…

お腹に居る間はずっと「ベイビーちゃん」ってお腹をハグしてくれたり、なでなでしてくれてたり、チューしてくれてたりと、優しくしてくれてはいましたが…
それはそれ、これはこれ、だろうな、と。

そして緊張のその瞬間

病室に入って来て直ぐは私に来てくれて、赤ちゃんの存在に気が付かなかったのですが、ちょっとして環境になれて周りを見渡して…

「あっ、ベイビーちゃん」

って発見

そして駆け寄って…

「わ~~~~」

って、細い目を大きく開けて、キラキラした視線で私や主人の顔と赤ちゃんの顔を交互に見て

出典 http://ameblo.jp

「抱っこしたい~」

上手に抱っこ出来て、優しくなでなでも出来て

母さんは、その光景に嬉しい&感激
とりあえず第一関門突破の一安心

赤ちゃん返りの話しもたくさん聞いてるし、これから先、こんな順調に行くとは甘く考えてませんが、まずは妹を優しく受け入れてくれた息子に、感謝でした

出典 http://ameblo.jp

第一子の理汰郎くんが、“ママをとられてしまう”という寂しさや不安に駆られないか…実は理子さんが一番心配していたことは、理汰郎くんのことでした。

先ほどご紹介した、石田純一さんのコメントにもありましたが、ご夫婦は青葉ちゃんの誕生に気持ちがいっぱいになってしまうのではなく、理汰郎くん、そして壱成さんやすみれさんのことも片時も離すことなく気掛けられていることに心が温かくなります。

それにしても、理汰郎くんと青葉ちゃんのご対面、とびきりキュートで微笑ましいですね。早速、理汰郎くんの愛が止まらないご様子で…

「私がいつも理汰郎にしてるから…」

キスのプレゼント!

プレゼントというよりはむしろ…

キスの嵐(笑)!

「ほっぺにしてね、おでこにしてね」
とお願いはしてても、すきあらば口を目指すので、ドキドキ
可愛いんだけど、目が離せないね

けど、妹を大好きで居てくれる事、嬉しいよ

出典 http://ameblo.jp

一方、パパの心配事は、ちょっぴり純一さんらしくて…

自分のことを棚に上げて言うと、女の子は心配」と生まれてくる子供に思いをはせると「明るく元気で、帰って来たくなるような家庭にしたい。理子は子育てで大変だから、俺のことは構わないでいい。粗食で頑張っている」と子供中心の生活を明かした。

出典 http://www.tokyo-sports.co.jp

青葉ちゃんが誕生する直前、「自分のことを棚に上げて言うと、女の子は心配」と明かされていた石田純一さん。というのも、娘がやんちゃな男の人に引っかかったら不安だからだそう。ご自身が“やんちゃ”な男性としてイメージがある純一さんのこのコメントに、理子さんは一喝!

「ずいぶん低い棚ですね」

こうはっきりと言えちゃうところが、純一さんと理子さんが夫婦睦まじく過ごされている秘訣なのかもしれません。理子さんは他にも、理汰郎くんと仲良くされている壱成さんとすみれさんを目の当たりにし…

年は離れてるけど

「目が似てる!鼻は違う!耳はパパ‼︎」
と、楽しい会話が飛び交う

仲良くしてくれて、嬉しい

心優しい、お兄ちゃんとお姉ちゃんと、そんな大人に育てて下さったお母様方に、感謝

それぞれのお母さん、つまりは旦那さんのお二人の前妻の方へ、感謝を述べられていました。石田ファミリーが血の繋がりや形式的なものにとらわれず、自分たちのスタイルで「家族」を作り上げられていることに、誰もにとって大切なことを教えてもらっているように感じます。

青葉ちゃんが誕生し、ますますビッグファミリーとなった石田家。いつでも微笑ましさのお裾分けをしてくれるご家族の、新たなエピソードが待ち遠しくてなりません。娘さんが成人するときは、なんと82歳になられているという純一さん!これからもご夫婦、ご家族ともに健康で、明るい「家族のかたち」を届けてくれますように。

この記事を書いたユーザー

くろりん このユーザーの他の記事を見る

有名人の意外な素顔・夫婦愛を中心に書いています。まだ世の中で隠れている素敵な出来事に、スポットライトを当てることが出来たら嬉しいです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス