翻訳で検索。
みなさんもよく使いますよね。なかなか日本語訳がままならぬ場合も多く。今回の場合も始まりはしば先生( @48sensei )のツイートでした。

翻訳してもらってみた

Zonjiage not !!
Zonjiageとはいったいなんだろう!?

7か月後…

No Zonjiage!!
なにかの啓蒙ポスターの標語のようになってしまいました。そして深まる「Zonjiage」の謎。ゾンジエイジ、とも読めます。ゾンジ世代?

ちなみに

出典画面キャプチャ

Zonziageは翻訳不能、半角開けるとこんな風になりましたよ。さらに謎が深まる「Zonji」。もちろん、翻訳不能。「Zonji」で検索してみるとZenjiさんの修行日記がHITしました。

これにはTwitter民も苦笑い

このやりとり、3月25~26日での間のことですが、この記事を書くにあたって私、試してみました。3月27日夜のこと。すると…!!

Google先生!!

出典画面キャプチャ

I have no idea!!
わからないです!!

ニュアンス的には「I don't know it」の方がしっくりくるような来もしますが、Google先生、日々進化!「zonjiage」と再ツイートされたわずか2日後のこと。さすがです。話題になっていたのを知っていたのでしょうか、まさかの神対応でした!!

この記事を書いたユーザー

まきの@うち このユーザーの他の記事を見る

酒と泪と家族とコネタをこよなく愛する40代半ばの週末料理人、たまに公式ライター。兵庫県生まれ兵庫県育ち。東京在住。主に飲み屋街に出没。人生はプロレス。生きものばんざい。涙腺弱い。胆石持ち。豆腐メンタル。アイドル好き。同級生の嫁、大学生の息子と中3の娘、そしてカメ3匹と暮らしています。BABYMETALが遠くに行ってしまい子離れに耐える親気分w (twitter: @makidekazu )

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • エンタメ
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス