結婚式で花嫁の歩くバージンロードに花を巻くフラワーガール。4〜10歳位の女の子が務めることが多く、小さな女の子が花を撒いて歩く姿はとてもキュートで、参列者の笑顔を誘う場面ですよね。

2016年1月23日に米・オハイオ州で行われた、ニュースキャスターを務めるエミリー ヴォス(Emilie Voss)さんの結婚式でも、とても素敵なフラワーガールが登場し、参列者を感動させました。そのフラワーガールとは、エミリーさんのおばぁちゃんのアリス ウィートン(Alice Wheaton)さん。なんと95歳のフラワーガールです。

そしてリングボーイは、新郎であるベン ボーランド(Ben Bohland)さんのおじいちゃんジェリー(Jerry)さん。アリスさんは、最初に頼んだ時には冗談だと思って本気にしなかったそうですが、エミリーさんとベンさんの気持ちがわかると、とてもエキサイティングして大切な孫のためと大喜びでこの大役を受けてくれたのだとか。

幼い頃から、ずっと一緒の時間を過ごしてきたというエミリーさんとアリスさん。ニュースキャスターという仕事柄、大変忙しく様々な国へ移動する事も多い中、それでもその大切な関係は続いてきました。

「おばあちゃんは、いつでも私の一番のファンでいてくれます。私の独立心と冒険心は、彼女から学んだ大切なものなのです」

実は2015年の終わりに、アリスさんは大きく体調を崩して入院する事になってしまいました。まわりが心配する中、アリスさんは気弱になるどころか変わらぬポジティブさで医師に「孫娘の結婚式でフラワーガールをやるんだから、早く完全に直して欲しいの」と言い続けたのだそうです。

「彼女は完全に回復するって信じていたわ。だって彼女は体は小さいけれど、とっても強いんですもの」

「私のおばあちゃんは、誰よりも優雅で、インテリジェンスで、自立した女性です。私の人生におばぁちゃんという存在がいてくれた事は、最高にラッキーな出来事!」

エミリーさんはFacebookに、アリスさんの96歳の誕生日である3月20日、結婚式の写真と共に「HAPPY 96th BIRTHDAY TO MY FLOWER GIRL! I」と書き込みました。コメント欄には「なんて美しいフラワーガールなんだ!」「ハピネスが溢れているね」「素敵な写真をありがとう」「アリスおばぁちゃん、お誕生日おめでとう!」など、多くの人から祝福の声が書き込まれています。

人生の大きな節目となる結婚式という日を、誰よりも尊敬し愛する大切なおばぁちゃんに彩ってもらえるなんて、なんとハッピーな事でしょう。そしてきっとアリスおばぁちゃんにとっても、とても大切な孫娘の最高の日に自分が大きな役割を果たせた事はこの上ない喜びだったに違いありません。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス