このマークを知っていますかと聞いた時点で若いんだから譲れという発想はなくなり普通まずは話を聞いてみると思うのですが…。最近話題に老害とはこういう人の事をいうのかと思ってしまいますよね…。

ちょっと元気なご老人よりはよほど座ってもらわなければならないのがこのヘルプマークなのです。私らは年寄りだから新しいものはわからないでは済まない物なのです。

ではこのヘルプマークについて解説させていただきます。

ヘルプマークって何?

義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。
 ヘルプマークの配布や優先席へのステッカー標示等を、平成24年10月から都営地下鉄大江戸線で、平成25年7月から全ての都営地下鉄、都営バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーで開始し、さらに、平成26年7月からゆりかもめ、多摩モノレールへと拡大して実施しています。
 また、平成26年7月から民間企業への働きかけも実施しています。
 ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車・バス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。

出典 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp

見た目元気そうに見えてわかりにくいけど、「弱いんですよ。助けてください、配慮をお願いします。」という事を周りに示す為のマークです。上記の引用ツイートに貼られている画像のように、真っ赤な色に十字とハートのマークが付いています。

具体的にはどんな人が付けているのでしょうか?

義足や人工関節を使用している人

足がなくて義足を使っていたり、関節に障害があって人工関節を使用している人達です。ぱっと見た目分かりづらいので普通の人に見えます。特に座っていると違和感はあまりないと思います。

しかし、そうではない人に比べて電車の揺れなどで転倒しやすかったり、歩きにくい等を抱えている人が多くいます。友人にもいますが、座っていると特に違和感はありませんが、歩いている姿を見ると大丈夫かな?と思ってしまう位ふらふらしているのです。

内部障害や難病の人

こちらも見た目では全くわかりません。身体の中に障害を抱えている人です。まずは内部障害についてお話します。

身体の中に障害を抱えている人で、学校などで病弱学級などにいる人を想像してもらうとわかりやすいかもしれません。障害者ではある物の見た目では全くわからない為、障害者用の設備や場所を使うと注意を受けるなんて方もいるそうです。定義としては、

1.心臓機能障害
2.腎臓機能障害
3.呼吸器機能障害
4.膀胱・直腸機能障害
5.小腸機能障害
6.ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害(HIV感染症)
7.肝臓機能障害

出典 https://ja.wikipedia.org

こちらの引用に該当する方です。これを見るとやばそうだと思う方も多いのではないでしょうか?心臓や呼吸器の場合だと直接的にやばいと思われると思いますが、他の場所でも身体の中が弱っているというのはかなり辛い物です。

私自身、肝臓を弱らせて(酒で弱らせたわけではない)、病院通いをしていますが、しんどい時は立っているだけでもしんどいです。障害というレベルの弱らせたではないし、ちゃんと治療すれば治る私でさえしんどいのですから、認定されている方はもっとしんどいと思います。

次に難病です。こちらも見た目ではまったくわからない方もいます…。見た目で分かる方も中にはいますが、そういう人の方が少ないのです。

こちらは特定疾患として国が研究を推進しているだけで130疾患あり、他の物も含めると400疾患程度あるとされています。神経や内臓、耳や目、骨、血液等など様々な場所になんらかの病気を抱えています。

妊娠初期の人

妊娠も初期状態だとお腹も膨らんでおらず、分かりづらいですよね…。特に最近は妊婦マークを襲撃するという不逞の輩もいますのでこちらを付ける方が安全ということもありますので、つける可能性は増えてくると思います。

弱っている人を守るという当たり前の事

老人を大切にすると言う事も確かに大切ですが、老人の中にも倒れそうな老人もいれば元気な老人もいます…。元気な老人ほど席を譲れと言ってくる傾向にあると思います。

こちらの記事のように、元気な老人こそ自己主張が強いという傾向にもあると私は思っています。もちろん、弱っている老人にはしっかり席を譲るべきだと思いますが…。

老人が弱者ではなく、本当の弱者を守るそういう日本になるべきだと思いますし、元々はそうだったはずの日本です。弱者だけでなく困っている人を助ける。それが当たり前という日本になってほしいと切に願います。

ヘルプマークの公式動画

出典 YouTube

東京発のマークですが兵庫や大阪、福岡などでもこのマークの利用が進められています。
ちょっとずつ広がっているマークですので、全国的に普及するのも遠い日ではないと思います。皆さんも覚えておいていただければと思います。

ヘルプマークの入手方法

こちらは東京都の例です。

対象者からの申出により、下記の場所でヘルプマークを配布 都営地下鉄各駅(押上駅、目黒駅、白金台駅、白金高輪駅、新宿線新宿駅を除く)駅務室、都営バス各営業所、荒川電車営業所、日暮里・舎人ライナー(日暮里駅、西日暮里駅)駅務室、ゆりかもめ(新橋駅、豊洲駅)駅務室、多摩モノレール(多摩センター駅、中央大学・明星大学駅、高幡不動駅、立川南駅、立川北駅、玉川上水駅、上北台駅)駅務室(一部時間帯を除く)、東京都心身障害者福祉センター(多摩支所を含む)
 ※郵送での対応はしていません。 

出典 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp

他の都道府県でも配っている地域もあります。地域名+ヘルプマークで検索してみると都道府県や市区町村などで配布している場所が出てきますので、ぜひ必要な方は検索してみてください。

ただし、悪用は厳禁です。優先座席などに座る為に必要のない方が付けるのは絶対にやめて下さい。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス