JR南武線に、「小田栄駅」が誕生しました。

出典 YouTube

住民急増という理由で誕生したJR南武線の「小田栄駅」ニュースでも取り上げられているこちらの駅のことを、みなさまご存知でしょうか。

開通前からTwitterでも話題。

新しい駅が誕生するのは、かなり久しぶりなことです。

JR(東海道・京浜東北・南武)川崎駅から京急川崎駅一帯の高度商業地、横須賀線と南武線のクロスする新川崎駅(鹿島田駅)、住みたい街として人気の東急(東横・目黒)/JR(横須賀・南武)武蔵小杉駅、東急田園都市線/南武線の武蔵溝ノ口駅、小田急線/南武線の登戸駅、京王相模原線と南武線のクロスする京王稲田堤駅と、全域が東京都心へ直結する東京のベッドタウンです。

出典 http://www.chu-kan.co.jp

川崎市は、全国で人口が8番目に多いそうです。都心にも神奈川県内の各所にもアクセスしやすい場所で人気が上昇しています。そのため、新しい駅ができることも必然だったのかもしれません。

人の名前のようにも聞こえる、「小田栄」駅です。

県内のJR駅では28年ぶりという新駅設置に、福田紀彦市長は「沿線の価値を向上させ、地域住民のみなさんの利便性を高めていく」とあいさつ。同支社の平野邦彦支社長(61)も、「渋谷や新宿に出やすくなる」と強調した。

出典 http://www.sankei.com

都心部へのアクセスが向上するため、今回の新駅の誕生を喜ぶ一方で、ちょっと冷ややかな意見も…。

新駅から鉄道を利用して川崎駅に出るには尻手駅で南武線に乗り換える必要がある。新駅近くのマンションに住む三十代の主婦は「川崎駅に直接つながっていないので、使い勝手が良くない。これまで通りバスを使う」と冷ややか。

 運行本数も多いとは言えない。同社は新駅開業に合わせて朝の通勤時間帯に上下線を増発するが、日中の少ない時間帯では四十分に一本の場合もある。

出典 http://www.tokyo-np.co.jp

JR南武線といえば、川崎駅から立川駅までを結ぶ路線。特に、川崎から電車に乗る機会がない方は、このように認識をしているかと思いますが、実は「南武線」は少し違います。

ちょっとわかりづらい「南武線」と「南武支線」

出典著者

小田栄駅は、南武支線の「川崎新町」と「浜川崎」の間に作られた駅です。残念ながら、小田栄駅から川崎駅までは直通ではなく、1度乗り換えが必要になります。(緑色のライン上にあるのが、南武支線の駅です。)厳密に言うと、JR南武線ではなく、南武支線に新しい駅が作られました。

南武線(なんぶせん)は、神奈川県川崎市川崎区の川崎駅と東京都立川市の立川駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。そのほか以下の支線を持つ。神奈川県川崎市幸区の尻手駅と同市川崎区の浜川崎駅を結ぶ支線(通称「浜川崎支線」、旅客案内上は「南武支線」

出典 https://ja.wikipedia.org

開通初日は、1番電車のお写真をTweetする方も。

様々な意見がありますが、人口が増えているこのエリアで電車が増えるということは、移動手段が増えますので、特に通勤をする方にとっては嬉しいニュースではないでしょうか。

小田栄駅から新宿駅までは、南武線の武蔵小杉駅を経由して約四十八分。現地からJR川崎駅までバスを使い、東海道線で品川駅を経由する場合に比べて約九分短縮できるという。

出典 http://www.tokyo-np.co.jp

通勤エリアによっても異なりますが、新駅で恩恵を受けられる方も、多そうですね。

新しい駅とともに始まる、新しい生活。

Licensed by gettyimages ®

春は卒業や入学・就職の季節です。新しい駅ができたことで今よりも通勤・通学が快適になった。お出かけがしやすくなったという方も増えてくることでしょう。これからの「小田栄駅」に、期待したいものですね。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス