みんな大好き「カラオケ」

Licensed by gettyimages ®

みんなの社交場カラオケボックス。最近では、一人で没頭して歌う「ヒトカラ」を嗜む方も多くなるなど、すでに日本の文化の一つになっています。

そんなカラオケですが、最近は配信されていない曲がないんじゃないかという位に多くの楽曲を選ぶことが出来ます。実際、業務用通信カラオケシリーズのJOYSOUNDの最新機種「JOYSOUNDMAX」の配信曲数は、2015年6月現在で業界最多の25.5万曲もの収録されています。だからこそ、誰もが知っている曲などは当然配信されている…と思いがち。

そんな中、Twitterユーザーの「伏見ヨシオさん」さんが驚きのツイートを投稿されています。「こんな事あんのか」と驚きのつぶやきに添付されたその写真が話題です。

■そのツイートがこちら

たまの名曲「さよなら人類」を歌おうとしたら…

出典 https://twitter.com

「今日~人類が初めて~木星についたよ~♪」…というあの有名な曲ですね。

なんと歌えない!

出典 https://twitter.com

リストにあるのに歌えなかったというんです。
画面に表示されたのは

著作権の問題により
この作品の歌唱ができなくなりました。
お客様にはご迷惑をお掛けしますが、
ご理解の程よろしくお願い致します。

という文字。

この表示に驚く、たまのファンたち

ほんとに!?と疑う人も。

■実際、以前にも同じような事が

歌えなくなったのはキャンディーズの名曲「春一番」

出典 http://www.nikkan-gendai.com

作詞・作曲を手掛けた穂口雄右氏(67)が、2012年3月に日本音楽著作権協会(JASRAC)を退会。著作権を自己管理した。これを受け、通信カラオケ大手の第一興商と「JOYSOUND」「UGA」を運営するエクシングが、同年6月に配信を停止。カラオケの楽曲リストから消えてしまった

出典 http://www.nikkan-gendai.com

どうやら、カラオケ会社はJASRACと契約を結んでいたものの、作詞作曲を行った穂口さんとは契約を結んでいなかったらしく、その混乱の中で配信することが出来なくなってしまったようです。

その後、紆余曲折あり2015年1月から順次配信が再開し、今では各社で歌うことが出来るようになっています。

今回歌えなくなった理由は分かりませんが、たまは解散しているものの公式サイトはまだあり、そこでは自主レーベルのCDも販売しています。ファンも多く曲を好きな方も多いので、ぜひまたカラオケで歌えるようになればいいのですが…。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス