うのたろうです。
スターバックスコーヒー丸の内新東京ビル店が2016年3月現在、改装工事をしていることを知っていますか?

その改装が今月末に終わり2016年3月30日からリニューアルオープンするんですって。

しかも「夜スタバ」になって。

この夜スタバ。
ききなれない言葉ですよね。
それもそのはず、だってこの試みは日本では初めて……それどころかアジアでも初めてのことなのですから。

というわけで。
本日は、その「夜スタバ」のお話し。

夜スタバは正式名称は「STARBUCKS EVENINGS(スターバックス イブニングス)」と呼ばれています。

これがどういったものなのか?
ふつうのスタバとはどう違うのか?

詳しく見ていきましょう……

「STARBUCKS EVENINGS」とは?

2016年3月30日(水)からリニューアルオープンするスターバックスコーヒー丸の内新東京ビル店でおこなわれるプログラム。それが「STARBUCKS EVENINGS(スターバックス イブニングス)」です。

このスターバックス イブニングスとはスターバックスが2010年に米国でスタートしたプログラムのことで「サードプレイスの新しい形を提案するプログラム」というのが本プログラムのコンセプト。2016年3月現在ではアメリカやイギリスなどを中心に約250店舗で展開されています。

ちなみにこの「STARBUCKS EVENINGS」のプログラムがおこなわれるのは、アジアではこの丸の内新東京ビル店が初めての試み。そんなわけでオープンにむけ各方面からの期待が高まっています。

……まったく。
ひじょうにややこしいですよね。

なにがややこしいって、そもそも言葉がややこしい。
フラペチーノナンチャララテナンチャッテウィズクロネコノプロジェクト……みたいに呪文のような言語が続いてなにがなんだかワケワカメ。ノンストップ息つぎでカタカナ英語がずらーっとならんでいる感じです。

というわけで。
ここで少しわかりやすい説明をしましょう。

スターバックス イブニングスはサードプレイスの新しい形を提案するプログラム――


これはいったいなんなんでしょう?
こういう場合、固有名詞はそのままAというものに代用します。すると……


Aはサードプレイスの新しい形を提案するプログラム――


あら不思議。
ひじょうに見やすくなりました。

あとは「サードプレイスとはいったいなにか?」ということがわかれば、この文章の意味がわかります。


サードプレイス――

こたえからいいます。
サードプレイスとは直訳すると第3の場所という意味。


自宅=ファーストプレイス
職場・学校=セカンドプレイス


そしてスターバックス=第3の場所=サードプレイスとしてそこでの生活を充実させようというのがこのプログラムの目的の趣旨のようです。

では。
この「STARBUCKS EVENINGS」というプログラムは具体的にはいったいどのようなものなのでしょうか?

「STARBUCKS EVENINGS」詳細は?

「STARBUCKS EVENINGS」のターゲットはビジネスパーソンと呼ばれる人たち。会社帰りにちょいと寄って、ちょいと酔っていこうじゃないか。そんな感じのニュアンスにとらえてもらえばわかりやすいのではないでしょうか。そして……

酔おう――ということはお酒が提供されるお店だということがわかります。

スターバックスでお酒。

そうなんです。
STARBUCKS EVENINGSの最大の特徴はスターバックスがセレクトしたアルコールやフードなどが提供されるのです。つまりオトナのスターバックス。スターバックスの夜むけプログラムだということです。

ちなみに。
アメリカやイギリスで実施されているSTARBUCKS EVENINGSのようすはこんな感じ。

すごいですよね。
これがスタバのメニューなんです。
めっちゃオシャレなダイニングバーみたいです。ダイニングバー×スタバのコラボ。これ以上にオシャレな雰囲気ってなかなかないのではないでしょうか?

上記の画像を見てもわかるように、スターバックス イブニングではスターバックスがセレクトした世界各地のワインやビールを飲むことができます。
さらにはフラペチーノからインスパイアされたアレンジワインも登場するというのですから従来のスターバックスファンのオトナにはたまらないのではないでしょうか。

またドリンクだけでなくフードメニューも充実しています。
店舗限定のスモールプレートやスイーツなども登場するほかメッセージのはいったオリジナルグラスなど店舗限定アイテムの販売もあるそうです。ちなみに……

リニューアルされる「スターバックス丸の内新東京ビル店」詳細は?

【住所】千代田区丸の内 3-3-1 丸の内新東京ビル
【座席数】68席(内カウンター4席)

リニューアルされた丸の内新東京ビル店のデザインコンセプトはRelieve――開放するというものだそうです。素材や照明にこだわり温かみと居心地のよさ、そしてスタイリッシュさを兼ね備えたリラックスできる(けどカジュアルすぎない)店舗になっています。

また「STARBUCKS EVENINGS」プログラムのサービスは営業時間内通して提供されますので昼間にビールやワインが楽しめるというのもおもしろいところです。

営業時間は平日、土曜、日曜祝祭日で異なります。

【月〜金】7:00〜22:30
【土】8:00〜21:00
【日祝】10:00~20:00

オープンは2016年3月30日(水)です……

「夜スタバ」Twitterでの反応は?

やっぱりみんな興味しんしん……

ほかにもたくさんの声があがっています。
やはりみんな「いきたい」というせりふばかりです。ぼくも、いきたい。

まとめ

スターバックスコーヒーでワインやビール。そしてプレートフードが食べられる。
なんだかワクワクしてきてしまいます。

ぼくは丸の内で働くサラリーマンではなく、自宅でもカフェでも地面でも自分がいる場所で働くフリーライターです。そのためこういったオトナの青春とは無縁ではありますが、縁はなくてもめちゃくちゃ興味をそそられます。

だっていいじゃん。
いきたいじゃん。

うーむ。
どこかの会社にでも就職しよーかな。
そんなふうに思ってしまうくらいに。どこかライターを募集してないものでしょうか。

……なんていうのは半分冗談で、じっさいに東京丸の内で働く男性や女性にとっては、これ以上ないくらい嬉しいプログラムなのではないでしょうか?

気になる異性をバーに誘うのは露骨すぎるし居酒屋というのもムードがなさすぎます。
そんな大人の青春の選択肢として「特別なスタバ」というのは大いにアリなのではないでしょうか?

今日、ちょっと打ちあわせしたいからスタバでお茶でも飲みながら――

こんな誘い方ならば受ける方も抵抗なく受けやすいのではないでしょうか?

なんだか、いいですね。
甘酸っぱいです。

現在、期間限定ビバレッジとして全国のスタバで販売しているアプリコットソイのように、甘く酸っぱい大人の恋を「夜スタバ」でしてみてはいかがでしょうか?

そのムードにきっとドキドキしちゃいますよ。

働く男性。
働く女性。
ファイト。

うのたろうでした。

この記事を書いたユーザー

うのたろう このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式ライター/プラチナユーザー。ライターしたり小説書いたりしています。ライターのお仕事は随時受け付け中です。サンプル文章はこちらにもあります。http://unotarou.com/
きてくれた、すべての人を、愛しています。
【twitter】@unotarou

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス