記事提供:バズプラスニュース

あなたの周囲で「LINE」を利用している人はどれくらいいるだろうか?おそらく「LINEしてないんですよね」という人を探すほうが難しいと思われる。

どこに行っても、誰を見ても、何をしてもLINE。ふと街で他人のスマホ画面が目に入ると、緑色のフキダシに気が付いて「あ、LINEしてる」と思うこともしばしば。

・ドコモ回線を使用したモバイル事業

日本人の生活に深く入り込んでいるLINEが、なんとモバイル事業に参入。その名も「LINEモバイル」として、2016年夏あたりの開始を目指していることが判明した。

大手キャリアといえばドコモ、au、ソフトバンクだが、「LINEモバイル」はドコモ回線を使用したモバイル事業を展開するという。

・最低額プランでは500円から

何よりも驚きなのが、最低額プランでは500円から利用できるという点。しかもLINEに関しては容量制限がなく、いくら使っても速度が落ちたり使えなくなることがないというのだ!まさにLINE使い放題!しかも高速データ通信で!

・LINE使い放題の凄さ

ライバルの「DMMモバイル」は440円のライトプランを用意しているが、最大通信速度が200Kbpsと制限されており、快適にスムーズに使用するという点においては不向きといえる。

また、590円プランにすると1GBを越えた時点で200Kbpsになり、快適には使用できない。

もちろんDMMモバイルにはDMMモバイルの良さがあるのだが、どれだけ「LINEモバイル」のLINE使い放題がスゴイか理解できるはずだ。

・LINE通話にも適用される

さらに凄いのは、LINE使い放題がメッセージのやりとりだけでなく、LINE通話にも適用されるという点。

まさに、電話を無料でしているようなものである。あらゆるLINEサービスがデータ通信量を無視して使い放題なのである!つまり、たった500円で通話もメッセージもやり放題。こんな画期的なモバイルサービスが今まであっただろうか?

・モバイル業界に革命をもたらす

もっと衝撃的なのが、TwitterやFacebookも使い放題という点だ。それが500円プランに適用されるのかどうか不明だが、今後、新たな続報が入ってくるのを待ちたい。とにかく「LINEモバイル」がモバイル業界に革命をもたらすのは間違いない。

・アンリミテッドなコミュニケーション

スマホのデータ通信容量を気にせず、LINE、Facebook、Twitterを使いまくれるのは嬉しいかぎり。まさに、アンリミテッドなコミュニケーションを可能にしたといえるだろう。

出典 YouTube

出典:LINE

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス