記事提供:CuRAZY

ある新しい遺灰の保存方法が、素敵だと話題になっています。

その方法というのは、遺灰をガラス細工にするというもの。とっても美しいです。

この方法を考案し実施しているのは、アメリカ・シアトルにある会社「Artful Ashes」。悲しみを少しでも和らげ、亡くなった人の思い出がたくさん蘇るようにという思いからこのアイデアは生まれました。

日本でも馴染みのある吹きガラスの技術を用いて、遺灰と溶けたガラスを混ぜ合わせます。作業に参加できるのも、嬉しいですよね。

普段は遺灰を見えるように置いておくのは難しいですが、これなら目に見える場所に置いておけます。なんだか、いつも側にいてくれているように感じられますね。

なお遺灰は大切に管理され、他の人と混ざらないように細心の注意を払っているそうです。

大切な人の死はとても悲しく辛いものですが、こういった取り組みで少しでも多くの人の心が救われるといいですね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス