記事提供:心身調律セラピスト 岡田哲也のブログ

※2015年9月の記事に補足して再アップです

ゴロがいいのでまとめてみました。

お金で遊ぶ人とお金に弄ばれてる人の違い。

◇お金で遊ぶ人は
気持ちよく使うと、気持ちよく入ってくると知っている

◆お金に弄ばれてる人は
必死に貯めても不測の事態が起こり、使わざるを得なくなる

◇お金で遊ぶ人は
ピンとくるものを選んで、割引きされてたらラッキー!

◆お金に弄ばれてる人は
割引きされてるものを選んで、悪くなければそれで良し

◇お金で遊ぶ人は
自分の人生を楽しんだ結果、億万長者になることがある

◆お金に弄ばれてる人は
億万長者になったら、自分の人生を楽しめると思っている

◇お金で遊ぶ人は
自分の人生を楽しむその在り方が、仕事になりお金に繋がっている

◆お金に弄ばれてる人は
不労所得を得たら、自分の人生を楽しめると思っている

◇お金で遊ぶ人は
好きなことに支払ってるので、気持ちよく支払える

◆お金に弄ばれてる人は
義務や見栄に支払ってるので、しぶしぶ支払っている

◇お金で遊ぶ人は
お金が水と同様に、循環すると知っている

◆お金に弄ばれてる人は
質素倹約が美徳だと思っているから、常に何かしら我慢している

◇お金で遊ぶ人は
自分の心が満たされていると、周りも豊かになると知っているから、自分の幸せのためにお金を使う

◆お金に弄ばれてる人は
他人のことを満たせば、自分が満たされると思っているから、他人の幸せのために自己犠牲するが、満たされないので延々と繰り返す

◇お金で遊ぶ人は
貯金や投資もゲームとして楽しめる。ゲームなので無くなっても気にしない

◆お金に弄ばれてる人は
貯金して投資して大失敗したら絶望して、お金ゲームどころか人間ゲームまで終えたりする

◇お金で遊ぶ人は
自分のワクワクのためにお金を使い、楽しんでるうちに気がついたら、たくさんのお金が回っている

◆お金に弄ばれてる人は
億万長者になったら、楽しもうと思っている

◇お金で遊ぶ人は
金は天下のまわりものだと知っているから、使うことに抵抗が無い

◆お金に弄ばれてる人は
どれだけお金があっても不安なので、延々と貯め続ける

◇お金で遊ぶ人にとって
お金は最愛のパートナー、もしくは空気※あって当たり前

◆お金に弄ばれてる人は
お金はいつ裏切るかわからないパートナー、もしくは金庫の中身※守らないと奪われる

◇お金で遊ぶ人は
楽しそうにたくさん稼いでる人を楽しそうだなーと思う

◆お金に弄ばれてる人は
楽しそうにたくさん稼いでる人を見ると、『良いことばかりじゃないわよ』『苦労してこそ稼ぐ価値があるのよ』『どうせそのうち消えるわよ』と拗ね続ける

まあ似たようなものもありますが、ざっくりとこんな感じですかね。

詳しくは確か映像パッケージでもお話ししてた気がしますが、一番大きな概念の違いは、お金で遊べる状態の人は、お金は入りと出で回るものだと知り、お金に弄ばれてる人はお金は入りを増やし、貯めて、出るのを抑えるものだと思ってる、という点です。

そして…

お金で遊べる人は、一見すると一般常識と反しているので、ゲスに見えますが、本人は楽しんでいるだけです。

お金に弄ばれてる人は、自分の意思を人に反対されても貫こうとしているようにも見えますが、実はその行動原理は一般常識。たまに自称ゲスな女という時もありますが、これは単なるお金的下女です。

この前本屋で、『子どもが18歳になるまでに1000万貯める方法』というタイトルの本を見かけましたが、いや、1000万円分人生を、地球を楽しませたら勝手にワクワクしながら、稼げる子どもになってるって。

※練習中

お金への抵抗が強いという方は、お金の話の講義を収録した映像パッケージがオススメです。

先行販売特典で好評だった質疑応答を3つ収録した特別編をあらたに販売開始しましたので、実践していて疑問に思う方はそちらも参考になると思います。

収録されている質疑応答はこちら↓

ただし、何より、まず実践です。

これを見たら変わるか?というと価値観は壊れるかもしれませんが、感情やお金の周り方は実践していくまで変わりませんので、そこは意識しておいてくださいね。

◇たまこと岡田のお金の話

※案内ブログはこちらから

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス