Licensed by gettyimages ®

デリバリーの定番でもあるピザは、手抜きしたい時、人が集まる時などに大変重宝します。最近では、店舗が増えたことにより「お持ち帰り」による割引サービスを利用する方も増えているのだとか。

しかし、お持ち帰りやクーポン以外にもお得に食べられる裏ワザがあるんです!

そのピザ屋は「ドミノピザ」

出典 http://www.dominos.jp

国内大手ピザチェーン店「ドミノピザ」に、そのサービスは存在します。

公式HPを見てみると、新しいピザのお知らせや割引サービスの案内が書かれていますが、これが目的ではありません!

我々は更なるお得を求め、“あるメニュー”を見に来たのです。

それは…外国人向けのメニュー!

行き方も説明しましょう。

1. 英語メニューへ進む

出典 http://www.dominos.jp

お分かり頂けただろうか?

HP中央の上部に「English Website」という表記があります。ちょうどTwitterなどのアイコンがある左側辺りにあるのですが、そちらをクリックして下さい。

決してアメリカなど、海外のドミノピザのHPに飛ぶわけではありませんので、ご安心を!

2. いざ英語メニューへ!

出典 http://www.dominos.jp

英語メニューに飛ぶと、様々なキャンペーン情報や割引情報がドーン!と現れます。

さて、ここで気になるのが肝心のメニュー。日本版との違いがあるのか確認してみましょう。

3. 基本は同じだけど…

出典 http://www.dominos.jp

このメニューバーを見ていくと、ピザとサイドメニューは日本版と変わりありませんでした。

しかし、スペシャルオファーの部分を見てみると、日本人がイメージするピザとは少し違うものが現れたのです。

出典 http://www.dominos.jp

圧倒的に安い!

トッピングの数は1種類のみになってしまうのですが、Mサイズのピザにサラダがついて1600円を切っています。

ここで気になるのは、なぜこんなに安いのかということ。その理由は、トッピングの量にあります。

日本のピザは“具だくさん”だけど…

出典 http://www.dominos.jp

日本でデリバリーのピザと言えば、美味しそうな具がたっぷり乗ったものを思い浮かべますよね?

しかし、英語版メニューのスペシャルオファーに記載されているピザは、とてもシンプルなものでした。

このトッピングの量が低価格で提供できる鍵になっています。

実は、海外と比べると日本はピザの消費量が少ないので、ある程度の金額にしなければ儲けが出ません。それに対し海外ではピザの消費量も多いので、価格を低めに設定しても薄利多売での経営が成り立ちます。

つまり、外国人客に利用してもらうには、ある程度低価格であることが条件となるのではないでしょうか。

もちろん日本人も利用できます!

Licensed by gettyimages ®

英語メニューとはいえ、もちろん日本人も利用できます。

実際に注文した方のツイートもご覧下さい。

シンプルピザでもOKならオススメ!

英語メニューに限りませんが、お持ち帰りシステムを併用すれば更に安く買うこともできます。

近所にお店がある方、車で移動する方であれば一石二鳥ではないでしょうか。

これからお花見や歓送迎会などで、人が集まる際に是非試してみてください。

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス