記事提供:Techinsight

女優の木村佳乃が2015年新春に放送された『世界の果てまでイッテQ!』に出演するにあたり、夫・東山紀之からアドバイスがあったことを明かした。

彼は2012年12月放送分の同番組でタイの「ブタ祭り」ロケに参加した経験がある。愛する妻へどのような言葉をかけたのだろうか。

2015年1月4日に放送された『世界の果てまでイッテQ!新春2時間スペシャル』のオーストラリアロケで、女優らしからぬ体を張る姿が好評だった木村佳乃

よくある映画やドラマの宣伝のための女優枠ではなく、同番組のファンだった彼女が自らの希望で出演したのだ。それは本格的なバンジージャンプや蛾の炒め物の試食、ほっかむり姿で熱湯風呂への“伝統芸”にも挑戦するという手加減なしの内容であった。

3月21日の『しゃべくり007×1分間の深イイ話「女が憧れる女性」合体SP!』でゲストに招かれた木村は、『イッテQ!』への出演にあたってNG項目の調査があったことを明かした。

番組スタッフから渡されたアンケート用紙には“相撲”、“ゲテモノを食べる”、“AKBの衣装で踊る”、“押すな押すな(熱湯風呂)”などが記されており、できないものにはチェックを入れるように依頼されたという。

木村は自宅でこのアンケートを熟読したところ、危険なロケも少なくなかったことから夫の東山紀之に「どうしたらいい?」と相談した。

すると彼から「なに言っているんだよ、全部やるんだよ!」と夫としてではなく、同業者として厳しい言葉が。こちらから出演を希望したにもかかわらず“コレができない、アレができない”と注文をつけるなら、最初から「出るな」と言い渡されたそうだ。

それでも木村は、“ストッキング相撲”の項目だけにこっそりチェックを入れた。「女優の仕事が二度と来なくなる」との恐れからだが、彼女の事務所は“押すな押すな(熱湯風呂)”にも難色を示したらしい。

しかし本番で木村は女芸人らと同じ水着姿で、見事に熱湯風呂に飛び込み伝統芸をやり遂げたのである。そんな彼女の度胸と思い切りの良さに視聴者は絶賛し、同時にどんな場面でも美しさが際立つ木村佳乃は“やはり女優”と感心させられたのだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス