ヤクルトの人気商品「ミルミル」

出典 http://provisionaldustbox.blog50.fc2.com

大腸に生きてとどくビフィズス菌 BY株を、1本(100ml)に100億個以上含んだ、飲むタイプのヨーグルトです。飲みやすいミルク風味に仕上げています。

出典 http://www.yakult.co.jp

僅か100mlの中に、ビフィズス菌を100億個も含んだヤクルトの人気商品。お値段も税別90円と安く、ファンも多いです。

■このミルミルの価格改定

いつもご愛飲いただいております「ミルミルにつきまして、ここ数年の原材料費高騰等により、もはや企業努力のみでは現行価格の維持が困難な状況となりました。
つきましては、甚だ勝手ではございますが、3月下旬より価格を改定させていただきます。何卒ご理解の程お願い申しあげます

出典 http://www.1049.cc

90円とお手頃価格であったミルミルですが、時代の流れには逆らえずなんと値上げするようです。どうやら値上げ後は100円になるようですが、この価格改定とは別なところがTwitterを中心に話題となっています。

・それが「値上げの伴う変更点」

Licensed by gettyimages ®

値上げの代わりに、ビフィズス菌を20億個増やします…!?
このツイートが4000に迫るRT。

・さらに、実際のお知らせの画像も

なお「ミルミル」「ミルミルS」は「ビフィズス菌 BY株」を100億個以上から120億個以上に増量し、パッケージをリニューアルし発売します。

と、ビフィズス菌増量の旨がハッキリと書かれています。

■この変更点にみんなが反応

・説得力がある

ただの値上げじゃないですもんね。

・商品の押しどころを理解してる

効果が大事。

・許す

そんなに増やすなんて、許すしか無いです。

力強い!

このように、そこまでしてくれるなら許すしか無いという意見が大半でした。

■一方、こんな疑惑も

・ビフィズス菌の原価って…?

確かに、原価とビフィズス菌の量は関係ない??

■ちなみに、ビフィズス菌の効果とは

ビフィズス菌は乳酸や酢酸といった有機酸を生成し、悪玉菌の増殖を防いで腸内環境を整えさまざまな生理機能を発揮します。特にビフィズス菌が生成する酢酸には強い殺菌力があり、悪玉菌の繁殖を抑制すると考えられています

出典 http://bb536.jp

よく乳酸菌と混同されますが、人間の体内には乳酸菌の100~10000倍ビフィズス菌があるんだとか。なので、ビフィズス菌の方が腸内にとっては適した菌のようです。

また、乳酸菌は糖を分解して乳酸を多く作り出すのですが、一方ビフィズス菌は乳酸以外にも酢酸を作り出し、善玉菌として働きます。

・ビフィズス菌は放っておくと減る

出典 https://www.glico.com

ビフィズス菌は加齢で減る事が分かっていますが、それだけでなく毎日の生活の中で起こるさまざまな理由で、減ってしまう可能性があります。

・食物繊維が不足しがちな食生活
・日頃の運動不足
・心理的なストレス

などが、善玉菌であるビフィズス菌を減らしてしまい、悪玉菌を増加させることにつながります。

なので、常に外部から補給し続けなきゃならないんですね。

そういう意味では、20億個もビフィズス菌が増えるのはとても素晴らしいことなんでしょう。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス