今日の私たちが便利で豊かな暮らしをしている一方で、自然界はどうなっているのかを考えたことはありますか。
動物たちの住む場所を奪い、環境を破壊し、生態系を狂わせ、人間のエゴがどのようなものか、今一度考えてみる為の絵があります。

森林伐採

出典 https://www.behance.net

『自然を破壊することは、命を奪うことだ』そう訴えかけるのはドイツの環境保護団体“Robin Wood”です。私たち人間のエゴが、どんなものかを動物たちのシルエットで表現し、作成されました。

鹿で表現するのは、森林伐採の様子です。

毎年、日本の国土面積の半分の森林がなくなり、さらにその半分は砂漠化し、草も生えない荒地になっています。一部では植林されていますが、植林や樹木の成長の数倍の速度で森林が破壊されています。世界最大の森アマゾンもあと 50年で砂漠化してしまうと予測されています(イギリス政府)。 国連UNEPは、熱帯林の破壊はすでに取り返しのつかない状態になっていると警告を出しています。

出典 http://www.chikyumura.org

日本は世界の中でもトップクラスの木材消費国です。割り箸、ティッシュ、牛乳パック、雑誌や新聞など、身の回りを見渡せば木から出来たものがほとんどではないですか。

ツンドラの溶解

出典 https://www.behance.net

ツンドラは“永久凍土”と呼ばれ、一生溶けることのない氷地帯だと言われてきました。しかしその永久凍土が、近年溶け始めているのです。その原因として地球温暖化による気温上昇があげられますが、他に鉱山開発、石油探査ボーリング、それを担う人々の居住地やインフラ整備により溶け、破壊されているのです。

この厳しい極寒地域には、トナカイやキタキツネ、雪うさぎにホッキョクグマなど野生動物たちが暮らしています。人間のエゴによって、これらの動物たちの住処が失われていっているのです。

このツンドラが溶け出すと、この地帯に閉じ込められた大量のメタンガスが放出されることになり、更に地球温暖化を加速させてしまうことにも繋がるといいます。更にはこんな危険性も危惧されています。

北極圏には採掘可能な石油・ガスの約22%が眠っている、というデータもあるように各国は北極圏の資源に目をつけている。

出典 http://jp.rbth.com

極北の「宝」となった地下・海底資源をめぐる各国間の対立が紛争にエスカレートする可能性も否定できない。

出典 http://jp.rbth.com

自然を破壊し、地球温暖化を加速させ、更には争い事にまで発展するかもしれないのです。恐ろしい現実に気付かなければなりません。この現状を認識してほしいとこれらのポスターを通してRobin Woodは訴えています。

焼き払われるジャングル

出典 https://www.behance.net

猿によって表現されるのは、アマゾンをはじめとするジャングル地帯の環境破壊です。近年、放牧地などを作る為にジャングルが急速に焼き払われ破壊されているといいます。

アマゾンにはサルやジャガー、ナマケモノなどが住んでおり、確実に住む場所も食べるものも減少していっているものと容易に想像出来ます。

この絵を見ると胸が苦しくなりませんか。酷く恐ろしいです。しかしこれが世界のあちこちで現実に行われているのです。アマゾンなど遠くの国に限らず、近隣諸国でも畑を作る為に森林は焼き払われています。

植物油(パーム油)やフルーツなどの日本へ輸出する換金作物を作るための畑として、マレーシアなどの森は今も減少し続けています。こうした農場では、日本でさえ禁止されているような農薬が大量に使われるため、下流では魚介類の全滅、現地の人は農薬中毒と見られる神経マヒや皮膚炎などの健康障害も見つかっているのです。

出典 http://www.chikyumura.org

自然界の動物のみならず、私たち人間にも被害は及んでいるのです。このように動物たちの生命を脅かし、我らの生活を豊かにする為に日々地球を破壊しているのです。自らの手で、自分たちの生きる場所をも破壊しているのです。わたしたちひとりひとりが気付き、考え、行動に移さなければなりません。

私たちにできること

出典 https://www.behance.net

微力ながら、日々の生活で私たちにできることがあります。電気の無駄遣いを避けたり、近場には徒歩か自転車を使う、リサイク商品を積極的に買う、地元でとれた食材を買う、過剰包装を断る、MY◯◯を持つ(MYバッグやMY箸など)、ゴミは分別する、不要なDMは『受け取り拒否』朱書きしてポスト投函する、再利用できるものは使うなど沢山あります。微力ではあるけれど、これをみんながすれば大きな力になります。

動物たちの命を奪ってまで欲しい豊かな暮らしとは何でしょうか。自分たちの生きる場所である地球を破壊してまで手に入れたい豊かな環境とは一体何なのでしょうか。
これらのポスターを見て、今一度自然、地球、環境のことを見つめ直してみませんか。

この記事を書いたユーザー

A.Jism このユーザーの他の記事を見る

海外かぶれ✈︎のコテコテ大阪人ライターです。まだ日本では伝えられていないような海外ニュースを中心に、育児ネタ、雑学ネタを記事にしたいと思います。多くの人に感動を、そして様々な問題を考えるキッカケを与えていきたいと考えています。やんちゃな2児の育児に奮闘する傍ら、執筆活動を頑張っています★よろしくお願いします!

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス