Licensed by gettyimages ®

働く親御さんにとって保育園は大切な場所です。昨今言われているように、待機児童問題はとても深刻なもの…。保育園を増やして欲しい、保育士さんの待遇を改善して欲しい、そういった切実な願いは社会的な課題でもあります。

では、自治体などは保育園を作ろうとしていないのか?というと、決してそういうわけでもないのです。

実は、保育園を作れない理由には、意外な問題や障害がありました…。

1. 認可か否かで国からの対応が違う

Licensed by gettyimages ®

保育園に預けようと考える親御さんの多くは、「認可保育園」に預けたいと考えます。これは、認可保育園は国の厳しい基準をクリアしているという安心感もありますが、一番はやはり保育料でしょう。運営費が国や自治体から出ているので、認可外に比べると比較的安価に抑えられています。

対する「認可外保育園」が悪いかというと決してそういうことはなく、リトミックやお受験対策の講座、習い事などのカリキュラムを用意する、24時間保育に対応するなど園独自のサービスが充実していることもありますので、親御さんの中にはたとえ保育料が高額であっても敢えて認可外保育園を選ぶ方もいらっしゃいます。

しかし、現状では認可保育園には入れず、認可外保育園にも入れないというご家庭が多数あるのです。中には、やむを得ず認可外保育園に通わせるも、保育料と給料がトントンになってしまうケース、認可保育園へ入園させるために「ペーパー離婚」するご家庭すらあります…。正直、金銭的な面を考えないのであれば、認可であろうと認可外であろうと保育園に入れるだけで助かる、というのが本音でしょう。

それだけ需要があるにも関わらず、保育園が増えないのは認可外保育園として新規参入するにも、国から補助金が出ないために経営が大変難しいからなのです。

元来、保育所の運営には多額の経費が掛かるために莫大な税金が児童福祉の名目で補助金となって費やされています。その経費効果の仕組みの上で認可園の運営が行われ、基準が出来上がっています。

認可外についてもほぼ同等の運営基準がありますので、補助金のない純粋な認可外園は利益を出すのは至難の業なのです。

出典 http://www.rabi-popo.com

認可外保育園でも一部の園は国からの助成金を受けていますが、補助金のない認可外保育園は助成金なしで経営を行っているのです。それでも運営基準は、補助金のある認可保育園とほぼ同じ基準でやれ、と言われるのですから新規参入するにはハードルが高くなってしまいます。

毎月の生活費が20万円と仮定して、自分のバイト代以外に親から10万円の仕送りをもらう子と、自分のバイト代だけでやりくりしなければならない子、どちらがきついか?と考えて頂けるとわかりやすいでしょうか?補助金の有無はそれだけ経営に影響を与えているのです。

当然働く保育士さんのお給料も昇給させづらくなってしまいます…。

2. 住民からの反対運動

Licensed by gettyimages ®

保育園が足りないという共通認識はあっても、建設予定地の付近に住む住民が反対するせいで建てられないということもあるのです…。

また、現在運営されている保育園でも防音壁の設置、園児達に大声を出させないなど、窮屈な環境での保育を強いられているケースが多々あります。

まず、実際に住民の反対により保育園建設が頓挫したケースをご覧下さい。

四月から草津市岡本町で開設予定だった民営の児童育成クラブ(学童保育)が、開設中止となった。地元住民から「事前説明がなかった」などと反対意見が上がったことが主な理由だ。

出典 http://www.chunichi.co.jp

このニュースは草津市のものですが、東京23区内でも建設予定地付近の住民の反対で保育園建設が頓挫した例がいくつもあります。

また、保育園に限らず学校行事や公園で遊ぶ声さえも「騒音」として苦情が出ているのです…。

そして、現在運営されている保育園の中でも、近隣住民からの苦情に対応しながらの保育をしているケースもありました。

アスレチック、滑り台、そして小さな畑。

こうした遊び場所を屋上の3か所に分散させました。
大勢の子どもが1か所に固まって遊ばないようにすることで、声が大きくなるのを防いでいます。

保育園を運営する会社は、設計段階から地域の住民に説明し、理解を得る努力を続けてきたといいます。

出典 http://www.nhk.or.jp

涙ぐましい努力…。しかし、こういった対策をしてもやはり苦情は出てくるようです。

実際に近隣に住んだことのある方のブログには、こんなことが書かれていました。

平日ずっと、朝から夕方まで、子供の泣き声や叫び声、ピアノ、ダンス音楽、太鼓の音などが大音量で響き渡る所で、快適に暮らせる人など皆無だと思います。

文句も言わずに住み続けているとしたら、「適度に離れている」「大音量でキッズソングや楽器演奏をしない(許容範囲の音量)」「園の周りで立ち話や迷惑駐車がない」「園と良好なコミュニケーションが図れている(「すみません」「おたがいさま」の関係」だからでしょう。

出典 http://sanmarie.me

この方の場合は保育園ではなく、幼稚園の隣だったそうですが通っている子ども達の年齢は似たり寄ったりです。

至近距離に居住する方のことを考えると、保育内容について考慮する必要はありますよね…。

こういった保育園建設の住民反対について、ツイッターでも様々な声が見られました。

住民からの反対は多いようです…

保育園に限らず子どもが騒音扱いされているんですね…悲しい。

実際に保育園の近くに暮らす人と、そうではない人とでは子どもの声の感じ方も違うのでしょうね…。

結局本音はそれなんでしょうね…たらい回しにされている感じが否めません。

現場で働く保育士さんも、住民からのクレームに怯えていました。なんとか折り合いが付く方法はないのでしょうか…。

もう居場所ないじゃん…。

お金の問題、地元住民の反対など、保育園を作れない理由は根深いものでした。

特に住民からの反対や苦情については、当事者でなければわからないことも多々ありました。

こういった問題をクリアにするには、国や自治体の働きかけが必要なのではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス