日本のアニメは海外でも人気です。台湾では『ちびまる子ちゃん』が大人気なのですが、近々実写化されるというニュースが入ってきました。

年代を問わず人気の『ちびまる子ちゃん』

漫画が原作でアニメの放送は25年を超える長寿番組「ちびまる子ちゃん」。日本人なら誰でも知っているアニメですよね。

1974年から1975年にかけて、静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)の入江地区で少女時代を過ごした、作者のさくらももこの投影である小学3年生の「ちびまる子ちゃん」が、家族や友達と共に繰り広げる日常生活を描いた、笑いあり、涙ありのコメディである。

出典 https://ja.wikipedia.org

日本でも2006年に実写化されている

日本では10年前に実写化されています。何度か出演者の交代を繰り返していますが、主人公のまる子を演じた森迫永依さんが本当のまる子のように見え、アニメ通りだと話題になりました。

2006年4月18日と10月31日には実写テレビドラマ化され(ドラマの項を参照)、2007年4月19日からはレギュラー番組として『まるまるちびまる子ちゃん』の放送を開始した。当初半年の予定だった放送期間は延長され、最終的に2008年2月28日に番組終了という形になった。

出典 https://ja.wikipedia.org

そんな「ちびまる子ちゃん」ですが海を超え台湾でも人気

台湾では北京語に吹き替えをされた『ちびまる子ちゃん』が放送されています。日本のアニメの声に似ていますね。

そんな台湾でも実写化が決定

そのちびまる子ちゃんがこの度台湾で実写化されることになりました。

29日に台北市内で行われたクランクイン記者会見で、出演者がお披露目された。キャストについては日本側の意向で、これまで緘口令が敷かれていた。

出典 http://www.excite.co.jp

しかし、キャストが全員大人!?

「ちびまる子ちゃん」はかつて日本で実写もされましたが、演じるのが等身大の子役でした。しかし今回発表される台湾実写版の出演者が全員大人です。

出典 http://www.cinemart.co.jp

一体どんな子が演じるのかな?なんて思っていたら、写真を見てもわかるように、キャストは全員大人でした…。

キャストを一部、紹介します!

主役まる子を演じる林心蕾(リン・シンレイ)は新人

出典 http://www.cinemart.co.jp

まずは肝心の主人公まる子を演じるこの女性。新人女優さんだそうです。あどけない顔立ちで、かわいいですね。

お金持ちキャラクターを演じるのは台湾でとても人気が高い汪東城(ワン・ドンチェン、通称:ジロー)

ジロー(汪東城)がまる子のクラスメートの花輪クン(花輪和彦)役を務める。

出典 http://www.excite.co.jp

まる子のお姉ちゃんを演じるマンディー・ウェイ。優しげな雰囲気の女性ですね。マンディーさんの実年齢は31歳なんです。

そしてお父さん役がリン・ヨウウェイ。子供達も大人なので、お父さんに見えづらいです。しかしあのひろしがこんなにかっこいいなんて…。

花輪くん役は34歳で身長182cm!?

台湾の花輪くんを務めるジローさんの年齢は34歳!しかも身長は182cmでイケメンというハイスペックの持ち主。

出演者の中でやたらイケメンだなと思っていたら、台湾のF4と呼ばれているアイドルグループのメンバーでした。

ワン・ドンチェン(汪東城)は台湾の3人組男性ポップ・アイドルグループ飛輪海(フェイルンハイ)のメンバーである。台湾台北市出身。身長182cm。

出典 http://hualiu.yapy.jp

台湾版の人気ドラマ『美男ですね』にも出演しており、クールなテギョン役を演じました。

Twitterの反応は…

台湾でとても人気の高いアニメ・ちびまる子ちゃん。ただの実写化ではなく全員大人という面白いコンセプトでスタートします。

主要キャラが、美女美男で一体どんなストーリー展開を見せてくれるのか。いつか日本でも放送して欲しいですね!

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス