少子高齢化、核家族化、都会への人口集中など複数の要因が重なり、田舎のお墓を誰が継承していくか…という様な問題が多くなっています。お墓参りをしたくても、遠くてなかなか難しいという人も多いでしょう。

そんな、なかなかお墓参り出来ない時にどうすればいいか。四谷にある坊主バーのTwitterの中の方が、とある高齢の住職に聞いたその答えが話題です。

その答えとは…

・グーグルアースで見つけて手を合わす。

・グーグルアースとは

出典 http://tobetobetigers.sakura.ne.jp

Googleが提供している無料サービス。地球上のどんな場所へもひとっとびできる誰もが利用したことあるであろうサービスですね。

そんなこともわからないのか?と言われ教えられたのはグーグルアースの利用。
遠くて行けないと悩むより、とにかく手を合わせる気持ちが大事ということでしょうか。

■この答えに様々な反響が

・ハッとさせられた

やろうという方がたくさんいらっしゃいました。

・何もしないよりマシ

確かに、高齢の住職さんがグーグルアースを知っているのも凄いです。

・気持ちが大事

気持ちが大事。

・それはちょっと…という人も

こういう方も当然いらっしゃいます。

確かに一個人のお墓を特定するのは、集団墓地系だと難しい。

それが問題なんですよね。

・似たような事を言われた

なるほど。形式は問題ではなく、想うことが大事というわけですね。

色々な意見があると思います。

気持ちが大事というならばグーグルアースで探す必要すら無い…ということになりますが、個人的には最後に引用させていただいたツイート内容のように、ライフスタイルに合わせて、それでも手を合わせ想う事が大事なんだと思います。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス