暑さ寒さも彼岸まで

日本では「暑さ寒さも彼岸まで」という慣用句を昔からよく使用しますね。
しかし、いまひとつ『お彼岸』を理解できていない方も多いと思います。
今回は今更聞けないお彼岸について調べてみました。

お彼岸とは?

お彼岸とは日本独自の仏教行事です。
お彼岸は春(春彼岸)と秋(秋彼岸)にあります。
春分の日(3月21日頃)と秋分の日(9月23日頃)を中日として、
その前後の3日を合わせた7日間を彼岸といいます。

ご先祖さまや自然に感謝をささげる仏道精進の期間で日本独自の仏教行事です。
お彼岸にはお寺の法要やお墓参りに行き、亡き人へ思いをはせ、感謝のまことをささげます。

出典 http://www.soto-kinki.net

農耕文化の日本では古来より、昼夜の時間が同じで、真東から太陽がのぼるこの時節に自然の恵みに対する感謝をささげる風習があり、これらと仏教の教えが結びついたと考えられています。

出典 http://www.soto-kinki.net

ちなみに春彼岸と秋彼岸では意味が異なります。

春彼岸
自然をたたえる日 生物をいつくしむ日

秋彼岸
先祖を尊ぶ日 先祖を敬う日 故人を偲ぶ日

出典 http://hmmm-space.com

お彼岸の言葉の由来

彼岸とは、「彼の岸」すなわち「悟り、涅槃の境地」を意味し、その語源は、サンスクリット語「パーラミター(波羅蜜多)」の漢訳語「到彼岸」からきています。
煩悩と迷いの世界である「此岸」から悟りの世界「彼岸」へ到達するために、「六波羅蜜」の修行を行ないます。彼岸はその修行をするための期間でもあります。

出典 http://www.soto-kinki.net

簡単に言うと
彼岸は彼方の岸(かなたのきし)と書きます。
はるか向こう岸という意味で、あの世を表しています。
また、今私たち生きてる世界は此岸(しがん)と言います。

現代、今私たちが生きている世界は「此岸(しがん)」
命尽きて仏様が暮らす世界を「彼岸(ひがん)」

此岸(しがん)は迷いや煩悩のある世界、彼岸(ひがん)は迷いがなく悟りの世界。
はるか彼方のあの世、迷いのない世界、悟りの世界にわたるための修行の期間がお彼岸の期間であり、極楽浄土へ迷いなくたどり着けるようにお祈り、修行をする日です。

出典 http://hmmm-space.com

2016年のお彼岸の日程は?

春彼岸

Licensed by gettyimages ®

●春 
3月17日 彼岸入り
3月20日 彼岸の中日(春分の日で21日振替休日)
3月23日 彼岸明け

秋彼岸

Licensed by gettyimages ®

●秋 
9月19日 彼岸入り
9月22日 彼岸の中日(秋分の日)
9月25日 彼岸明け

お彼岸には、なぜお墓参りをするの?

私たちのいる現世、つまり此岸(しがん)は東にあると考えられています。仏様、亡くなった方が行く場所、彼岸は西方にあると考えられています。
太陽が真東から真西に沈む春分の日と秋分の日は、昼と夜の長さがほぼ同じとなります。
この昼と夜の長さがほぼ同じであり、太陽が真東から真西に沈むこの日こそ、あの世とこの世が一番近く、最も通じやすくなると考えられているため、お墓に向かいご先祖様を忍び、故人と向き合う日とされるのです。

出典 http://hmmm-space.com

お墓参りの詳細はこちら

お供えする『ぼたもち』と『おはぎ』の違い

お彼岸にお供えするものといえば『ぼたもち』と『おはぎ』です。
この二つは同じように見えますが違いはあるのでしょうか?

春彼岸にお供えするのは「ぼたもち」。秋は「おはぎ」。どちらも同じものですが、それぞれ季節の花「牡丹」と「萩」にちなむものです。時節によってその呼び方が変わるのは、四季のうつりかわりに敏感な日本人の豊かな心の表れといえるでしょう。

出典 http://www.soto-kinki.net

おはぎとぼたもちが春と秋でわかれているのは、春には収穫をもたらしてもらう為に、あずきの赤色で災難が降りかからないよに「ぼたもち」を秋には収穫を祝い感謝して「おはぎ」を作ったとも言われています。

出典 http://www.ishinoya.co.jp

春は『牡丹餅』(ぼたもち)

お彼岸でレンジやごはんで手軽なおはぎ2種、牡丹餅とおはぎ レシピhttp://www.recipe-blog.jp

春─牡丹餅(つぶあん)春の彼岸に、神仏や先祖への供物とされた小豆あんの様子 を、牡丹の花に見立てたことからの呼名。

出典 http://www.soto-kinki.net

秋は『お萩』(おはぎ)または『萩の餅』

炊飯土鍋でつくる☆おはぎ レシピhttp://www.recipe-blog.jp

秋─御萩(こしあん)牡丹餅と同じく、小豆あんの様子を秋の彼岸の時期に咲く 萩の花に見立てたことからの呼名。

出典 http://www.soto-kinki.net

最後になぜ『暑さ寒さも彼岸まで』と言うのか?

暑さ寒さも彼岸まで(あつささむさもひがんまで)とは「冬の寒さ(余寒)は春分頃まで、夏の暑さ(残暑)は秋分頃までには和らぎ、凌ぎやすくなる」という意味の、日本の慣用句である。

出典 https://ja.wikipedia.org

お彼岸の時期には、厳しい残暑や寒さにめどがつくため、
『暑さ寒さも彼岸まで』と言われるようになったようです。

なお、この慣用句の意味を転じて、「辛いこともいずれ時期が来れば去っていく」という意味の諺(ことわざ)として用いられることもある。

出典 https://ja.wikipedia.org

いかがでしたでしょうか

最近ではお墓参り代行サービスなどもあるようですが、
できればこのお彼岸の時期にお墓参りに行きたいものです。
どうしても行けない場合は自宅でお仏壇にお花と果物やお菓子をお供えをしましょう。


この記事を書いたユーザー

ALICE このユーザーの他の記事を見る

東京でクリエイターをしています。最近は主にデジタルコンテンツの制作をしています。
アート、デザイン、音楽、ファッションなどが大好きです。
たくさんの人たちが楽しめるような情報を中心に発信したいと思います。
よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • インターネット
  • おでかけ
  • 広告
  • 料理
  • テレビ
  • カルチャー
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス