「保育所落ちた日本死ね!!!」の話題が止まるところを知らない中、今度は「男が育児出来ない日本死ね」という一文が、話題になっているそうですね。

そして、今度は「男が育児出来ない日本死ね」だそうです。

何で!俺は!

男であると言うだけで!

1日に1時間しか娘と会う権利が与えられないんだ!

出典 http://anond.hatelabo.jp

そのブログは、こういった書きだしで始まりますが、「保育所落ちた日本死ね!!!」と違って、行政の問題点を指摘するタイプのものとは異なる感じです。

いないいないばあだけでニコニコする可愛い娘なのに。

おむつ替えで動き回る困った娘なのに。

絵本を破かずにめくれるようになった賢い娘なのに!

出典 http://anond.hatelabo.jp

いい意味で、親ばかっぷりがうかがえる文章ですね。
ただ、そういった日常の事細かな部分まで把握しているってことは、相応に娘さんと接しておられるともとれますね。

朝8時に家を出て、夜9時に家に帰ったら、寝かしつけ完了しちゃってるよ。

寝顔すら見れないよ!

世の子持ち男性たちは何で平気なの!?

この喉を掻きむしられるような苦しさを全く感じないの!?

ATMなの!???

出典 http://anond.hatelabo.jp

朝8時に家を出るのでしたら、娘さんと十分に接する時間があるような気がしますが…
それに、寝ているのでしたら寝顔は普通に見れるでしょうに。

「育休とれば」「お前が主夫やれば」じゃねーよ!

俺が働かないと家計が成り立たないんだよ!

非正規の妻より正社員の俺のが給料が良いから仕方なく働いてるんだよ!

出典 http://anond.hatelabo.jp

仕方なく働いているとしても、それを叫んでしまうのは如何なものでしょうか。
考え方は人それぞれだと思いますが、男性が働き女性が家事育児に専念できる世の中のほうが、一億総活躍とかいって共働きで家事育児をする世の中より、遥かにマシなような気もします。
共働きだとしても、家事育児の比率はどうしても女性の方に偏ってしまいますので。

それなのに。

何が「伝統的家族観」だ!

な に が 男らしさだあああああああああああああああ!!!!!!!!

クソ食らえ!ネコのうんこ踏め!!

ニンジンがそのまま出てる娘のウンコを食らえええええええ!!!

こんなに心に憎しみが溢れているのに表向きでは「イクメン目指して頑張ります」とか言わないといけないのマジつれえええええええ!!
ーーーーーーーーーー

出典 http://anond.hatelabo.jp

そこまで思っているのでしたら、上司にかけあってみては如何でしょうか。
朝8時に家を出て夜9時には帰れる会社でしたら、週に1度くらいは「ノー残業デー」を作る余力くらいあるかも知れませんよ。

(追記)
燃やすつもりでテンプレタイトルにしたくせに、いざ噴き上がったら慌てだす残念な奴です。
日本ごめんね、もちろん死んで欲しくないよ。
しかしこうやって後から謝るのまるでDV夫だな。どうしようもないな…。
色々と歯がゆいことが連続してついガーッと書いてしまった。主語大きすぎだし反省しきりだ。
ただ育児の向き不向きに性別は一切関係ないと本当に思っているし、個人の能力での役割分担が進めばいいと真剣に考えてる。
いつか性別一切関係なく自由にキャリアを選択できる時代がくるといいんだけどね。
こんな脳内垂れ流しみたいな駄文に真摯に答えてくれた人ありがとう。何というかというか勇気づけられる。家族にとって(そして自分にとって)どうするのが一番良いのかがんばって考えるよ。

出典 http://anond.hatelabo.jp

◎ネットでの反応は?

これ思う。子ども2人なら1人は男性が育休取ってみたらいいと思う。 大変かもしれないけど、絶対かわいいもん。 まあ実際はおっぱいとかあげるのどうしても女性になるので、女性が...

出典 http://anond.hatelabo.jp

育休を取りたいと思う男性がいるのか疑問です。
制度的にそれが存在するとはいっても、それが家族にとってプラスになるとは思えないからです。

これは女が書いた文。間違い無い。別に男側からするとそこまででも無いとしか言いようが無いな。家族より女ってヤツが多いのが現実だぞ。

出典 http://anond.hatelabo.jp

わたくしも男性が書いたものとは思えませんがどうなのでしょうね。
育児に関する特性は、女性の方が男性より数倍優れているでしょうから、仮にわたくしが育休をとってそれに専念したら、音をあげるような気がします。
働いて給料を稼いで安定した生活基盤を築くというのも、育児の一環なのです。

羨ましい うちなんて0時過ぎまで起きてるから相手するの大変だよ。かわいいけどね 自分の時間あるって羨ましいことだよ

出典 http://anond.hatelabo.jp

仰るとおりですね。仕事から疲れて帰ってきて子供に癒されるのは、子供がぐずついていない状態であることが前提です。
実際は会社でストレス、自宅でもストレスを抱えてしまうのがオチです。

育児を押し付けられて疲れた妻が、旦那に家事を手伝ってほしくて書いた記事。 まあ、たしかに、子供が2,3歳のかわいい盛りの単身赴任とかは自殺したくなるけどね。

出典 http://anond.hatelabo.jp

そんな印象を受けなくもないですね。
子育てのスペシャリストであるはずの女性でも育児ノイローゼになってしまうほどですからね。

制度的に育休とれるんだったら、とってみたら。
ウチは奥さんのほうが収入少ないけど、俺が育休とったよ。
家計的には確かに苦しいが、なにかを選ぶってことはなにかを諦めるってことだ。
その代わり、子供はめちゃくちゃ懐くよ。
お母さんが呼んでも振り返ることなくい俺のところへ向かってくる。

出典 http://anond.hatelabo.jp

こういう考えも賛同できますね。
経済的に満たされなくても、家族愛があれば生きていけるという人にはお勧めです。

◎元記事はこちら

「保育所落ちた日本死ね!!!」は、個人としてはどうしようもない行政にたいする不満をぶちまけたものでしたので、ある程度は賛同できる部分はあったのですが、こちらは日本に対して何を言いたいのかがサッパリ分りません。

行政的には、育休という制度を用意しておりますので今回の事案は「個人対国」ではなく「個人対会社」のような気がします。

よって、「日本死ね」というのは如何なものかと思います。

戦後、経済成長期からバブル崩壊までの日本という国は世界で唯一、社会民主主義が成功し一億総中流という一般大衆からすると、理想的な国家が形成されたような気がします。
その中で、男性が収入を得て女性が家事育児に専念しても家を持ち、車を持ち、子供を大学まで出し、なお且つ貯金まででき、ということが普通にできた社会なのです。

それが現代では、共働きをしてようやく中流を維持できる社会になってしまいました。
今後は、共働きをしても子供を作るどころか貯金すら出来ない世の中になっていく可能性も十分に考えられます。

あくまでも個人的な意見ですが、共働きで男性が育休を取る世の中ではなく、女性が家事や育児に専念できる世の中になるほうが理想的だと思います。

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス