イギリスで、空き巣の多い地域に住んでいるというTwitterユーザーの「ブタ」さん(@butaille)。

ある日、家に警察官が来てスプレーを渡されたというのですが…

この渡し方はちょっと怖いですね…。

そしてスプレーをもらったのですが…

これが無料で配っているというスプレー

出典 https://twitter.com

これを調べてみると、なんだか凄いモノだったようです。

この『スマートウォーター』は、特殊な液体を使って科学捜査情報コードをつけるシステムの総称。これに使われている『トレーサー』技術では、液中の化学物質の配合を変えることにより、1回限りで使い捨てる2進数コードを100億通りも作り出せるという。液体は、紫外線を照射しない限り、付着していることがほとんどわからない。

これを開発した方は、もと警察の幹部捜査官。「盗みを働いたことが明らかな悪党を逮捕しても、それを証明できないという私自身の苛立ちから、この製品は生まれた」とのこと。

窃盗犯を逮捕したのはいいが、いざ裁判となると証拠不十分で無罪放免になることに耐え難くなってこのアイデアを思いつかれたそうだ。

この素晴らしいアイデアでイギリスでの押し込み盗の件数はここ10年で最も少なくなり、減少率が85%に達した都市もあるらしい。

出典 http://catenaccio.ldblog.jp

これは凄いですね…。

これを見たTwitterユーザーの反応は…

そうなんですね…。

うん、なんかホント凄そう。

是非売ってほしいですね。

液体バーコードね。上書きされた場合の判断はどうなるのかも気になりますね。

証拠に使えるってのも凄いですよね。

色んな用途で活躍しそう。

拡散希望!

そうなってくるともうイタチゴッコですね…。

こんな考えもあるのか…。たしかにね…。

科学の進歩が犯罪を撲滅するなんて凄いですよね。ホント、ドラマの話みたい。

そんな凄いモノなら、世界中で使用できるようになればいいのにね!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス