記事提供:Techinsight

ロックバンド・ゲスの極み乙女。のライブツアーが3月13日、香川県高松市でスタートした。ライブ会場にはボーカルの川谷絵音から不倫騒動に関するコメントを求める報道陣が殺到し、大変な騒ぎとなった。

そんな中、15日のライブ会場におけるスタッフの行動に対して、カンニング竹山が眉をしかめた。

16日の各局の情報番組では、前日に岡山で行われたゲスの極み乙女。ライブで会場を出入りする川谷絵音の様子が放送された。

13日の香川・高松公演では会場入りの時にダミーの車が用意されたり、また会場から出る際には横付けされた車の前方をブルーシートで覆うなど大変な厳戒態勢であった。

しかし岡山のライブでは一転。大きなマスク姿で川谷は会場正面から入退場し、大勢の報道陣の前を無言で通り過ぎて車を乗り降りしていた。

ライブが終わり、川谷が会場から出てくるのを待ち構えていた報道陣。その報道陣と迎えのワゴン車の間には会場から搬出した荷物を運ぶ車が停まり、スタッフらがバケツリレー方式で積み込み作業を行う。

川谷を報道陣に近づけないための意図があるようにも見える。

その後、川谷が車に乗るために姿を見せた瞬間、それまで黙々と作業をしていたスタッフが一斉に大きな声をあげ始めた。「ウエ~イ、ウエ~イ」との掛け声とともに手を叩いて笑っている者もいる。

報道陣からは「奥さんとはどんな話をしているんですか?」など質問が飛んだが、スタッフらの声にかき消されてしまったのだ。

フジテレビ系『直撃LIVEグッディ!』の水曜パネラー・カンニング竹山は、このVTRを見て表情がかなり強張っていた。MCの安藤優子によると、笑っていたのはゲスの極み乙女。のメンバーだという。

コメントを求められた竹山は「(ベッキーと川谷の)2人のことだから、別に世の中に謝らなくても良いと思うんですけど」と前置きしつつも、どれだけの関係者が対応に追われ迷惑をこうむったかを自覚するべきだと訴えた。

そして「芸能をやっている大人なんだから、裏でも良いからちゃんと謝ったら?」と言葉を選びながら話し、

「(ゲスの極み乙女。の)関係者かなんだかわからないですけど、“ウエ~イ”じゃないだろ、何やってんだよって話ですよ」と不快感をあらわにしていた。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス