記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
最近「臨床試験済み」と表示されたサプリメントや保健機能食品が増えています。
「試験済み」と言われると、なんとなく信頼性が高いような気がします。

今回は、特にサプリメントなどに表示されている「臨床試験済み」や「トクホ」について、薬剤師に聞きました。

臨床試験済みとは?

「臨床試験済み」と表示されたサプリメントや保健機能食品が販売されています。
この場合の「臨床試験済み」とは『このサプリメントについて臨床試験をしその結果や研究レビューを消費者庁に届出、受理され、消費者庁にてその臨床試験結果や研究レビューが情報公開されています』という意味で使われることが多いです。

しかし、その多くはあくまでそれぞれの会社や製造元が任意で行う臨床試験と届け出によってうたうことができる言葉です。
そのため、以下のような注意点があります。

・試験の規定はなく、症例数も少ないものがある。
・消費者庁へ届出は「臨床試験済み」と表示するために必要な届け出ではない。
・一概に信頼度が高いとは、いえない場合もある。

サプリメントなどを購入する際は「臨床試験済み」の表示はあくまで参考にとどめ、有効性成分、原料を比較して選ぶことをおすすめします。

サプリメント、保健機能食品のちがい

薬剤師の私は、栄養補助的に何かを取るときは、目的によって選び分けています。サプリメントは健康維持的に、保健機能食品は何かを改善したい場合にという具合にです。
次からは保健機能食品の認知度も上がっていますので、改めて少しお話しいたします。

1.サプリメント
サプリメントは、毎日の食事で不足した栄養素を補うための食品です。
日本語で「栄養補助食品」と訳されるように、サプリメントは、食品に分類され、国が定めた満たすべき基準はないのが事実です。各メーカーが独自に品質管理をしています。

2.保健機能食品
保健機能食品には、栄養機能食品と特定保健用食品、その他の食品があります。

栄養機能食品とは…
加齢や生活環境の変化などが原因で、通常の食事ができず、栄養を十分に取れない場合、その補給・補完を目的として摂取する健康食品。
栄養機能食品については、国が規格基準に適合していれば、その栄養成分の機能の表示ができます。
機能の表示とあわせ、摂取量や注意喚起などの表示義務がありますが、国への許可申請や届出は必要ありません。

特定保健用食品とは…
通称「トクホマーク」が表示されているのは、特定保健用食品です。特定消費者庁長官の許可を受け、保健の効果が表示することのできる食品で、以下のような保険の効果が科学的に証明されています。
・血中のコレステロール、血圧を正常保つのに役立つ
・お腹の調子を整えるのに役立つなど

≪ずっと悩んでいる便秘や下痢…IBSかも?≫
お腹の調子が悪い…【過敏性腸症群】チェック

【薬剤師からのアドバイス】

サプリメントも保健機能食品も、あくまで食品なので、その影響は、緩やかなものです。毎日の食事にも気を配りながらうまく取り入れたいですね。

なお「臨床試験済み」が表す意図がわからない場合などには、メーカーや消費者庁に問い合わせることをおすすめします。

(監修:薬剤師 吉澤 恵理)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス