インターネットで拡散する多くの情報。特にSNSなどで切り取られた情報の真偽を判断するのは難しく、ついつい偽りの情報を信じてしまうケースも多いです。

そんな中、Twitterユーザーの「ジェット・リョー」さんが、あるネタツイートを投稿。その秀逸すぎる内容に騙される人が続出しています。

■話題のツイート

・新たな女子高生用語「ジェネリック」

ナルホド!と感心してしまう女子高生用語。でも実はこれ…

・その直後に、こんなツイートを

というデマを考えました...と連投。
思わず「面白いこと考えるなあ…」と感心してしまいました。

ですが、先のツイートは3/18正午時点で約600リツイート
その後のデマという告白ツイートは、同時刻で約50リツイート

明らかに拡散の度合いが異なります。

■実際、信じてしまっている人も

実際、最初に見た時私も信じてしまいました。

その後グーグルなどで検索した所、そんな情報は一切発見できず…。
改めてツイート主のタイムラインを拝見した所、直後に「というデマを考えました」という投稿を発見して真偽に気がついた...という具合です。

投稿したジェット・リョーさんも、あくまでネタとしてツイートされていますし、すぐにデマと投稿されています。ただ、一部だけが拡散しやすいSNSでデマと知らず拡散し続けてしまう人も多いと思います。

10数年前、2ちゃんねるを作った西村博之さんも「うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい」とおっしゃっていましたが、目の前の情報を全て鵜呑みにしてしまうのはやはり危険です。

改めて、SNSというツールの恐ろしさを感じる経験となりました。


もちろん、こういった全てをひっくるめたモノがSNSやインターネットの面白さでもあるんですけどね。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

人生の岐路に立ってしまっている30代です。日々勉強中。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら