記事提供:バズプラスニュース

動力源は塩と水。それだけあれば発電するという驚きのプロダクトです。

このHydra‐Light PL‐500はバッテリーチャージャー兼LEDライト。電源もACコンセントも必要ありません。塩水を注げばライトが点灯し、即座にスマホやUSBデバイスを充電することができます。

・トータルで250時間以上発電

PowerRodという交換式カートリッジを消費しますが、ひとつのPowerRodで一般的な単3電池85本分の電力を供給、トータルで250時間以上発電するとのこと。

オフグリッドの電力源として、なかなかのスペックを備えていると言えるでしょう。

・非常用の電力源として見ても魅力的

塩水は電解液の役割を果たし、合金のPowerRodと炭素皮膜との相互作用によって電気が発生する――発電の仕組みはこのように説明されています。

従来のバッテリーよりも出力が安定しているとメーカーはアピールしており、これによってスマホなどへの充電を可能にしているようです。

アウトドアの用途はもちろん、非常用の電力源として見ても魅力的に映ります。

・さまざまなバリエーションあり

Hydra‐LightはPL‐500のほか、LEDライトのみで充電機能がないPL‐250もラインナップ。また、照明としての用途を拡張するアクセサリーのLEDライト AL‐100も用意されています。

・燃料電池として評価に足る実用性

こうしたモバイル燃料電池としては、スウェーデンのメーカー myFCが開発したPowerTrekkやJAQもあります。

Hydra‐Lightはこれらと比較しても(メーカーが謳うところを見る限りでは)燃料電池として評価に足る実用性を備えているように思えます。

出典:geared(ギアード)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス