現在、世界の人口は約74億人。世界中に存在する数多くの国には、色んな人種の人が住み様々な出来事が起こっています。飢餓や干ばつ、戦争、宗教争いなど各地で何が起こっているかを一瞬に理解することは不可能。

でも、もし世界の人口がたった100人だったら?このほど米メディア「GOOD」が米中央情報局(CIA)の情報を元に制作したこちらの動画では、世界を100人と仮定して、人種、宗教、言語、環境など非常にシンプルに示されています。

2001年に話題になった「世界がもし100人の村だったら」という本を覚えている方もいることでしょう。あれから15年という年月の経過は、世界をどのように変えてしまったのでしょうか。そしてこの動画からあなたは何を感じ取るのでしょうか。

「もし世界の人口が100人だったら…」

出典 https://www.youtube.com

いろいろなことが明確にわかってくるように

出典 https://www.youtube.com

世界に100人しかいないとなると、男女は50人ずつというわかりやすさ。

世界に散らばる人はこんな割合

出典 https://www.youtube.com

CIAの確かな情報を元にしているので、信ぴょう性は高いといえるでしょう。アジア圏の人口がかなり多いことに気付きます。大陸で見るとアジアの大きさはさほど目立たないのですが、こうして見ると1つの土地に住民が凝縮しているんだなということが理解できますね。

一部では高齢化社会が進んでいるが…

出典 https://www.youtube.com

新しい命もそれ以上に生まれていて、この先人口が90億人に達する可能性があるというのはこちらの動画を見ても納得。高齢者を多く抱えている国にも、恐らくばらつきがあるのでしょう。

キリスト教とイスラム教が大多数

出典 https://www.youtube.com

やはりキリスト教とイスラム教が世界の宗教の代表的なものになっているようです。アジア圏の人口が多くても仏教よりもイスラム教徒の割合がかなり高いというのは、今現代社会で何が起こっているかを考えればわかりやすいですね。

多種多様の言語が広がっている

出典 https://www.youtube.com

比率で見ると中国語がトップのようですが、6,500もの異なる言語を話す人が残り70人に振り分けれらるというのも実に興味深いですね。

読み書きできる人とできない人の差

出典 https://www.youtube.com

世界の人口を100人に例えると、読み書きができない人が14人というのはかなり多い割合です。更に読み書きができても、きちんとした教育を受けられるかというとそれはまた別問題となってくる様子。

出典 https://www.youtube.com

カレッジに行った人と行かなかった人の差があり過ぎて正直驚きました。でも、ここにはきちんとした教育を受けたかどうか以外に経済的な問題も加わって来るのでしょう。

世界中の資金の半分をたった一人が牛耳ることに

出典 https://www.youtube.com

貧富の差はこの動画でも明らかになっています。低所得の人と比べて高所得の人は少ないとはいえ、彼らが手にする金額が世界中のお金の半分ということは相当な貧困の差を指しています。世の中は不公平だと感じざるを得ません。

先進国の飢餓問題以上に肥満問題が

出典 https://www.youtube.com

現代社会ではいかに肥満が多いかというのがこちらを見ても一目瞭然。食糧不足で貧困な飢餓状況の人や栄養失調の人を足しても、まだ遥かに肥満の割合の方が高いようです。100人のうち63人しか健康な人がいないというのも深刻な問題ですね。

綺麗な水を飲めない人は13人も

出典 https://www.youtube.com

23人もの人がホームレス生活…

出典 https://www.youtube.com

不衛生な水しか手に入らず住む家もないという人の割合が、実は多いということがわかります。日々、どんなに各国のサポート団体が全力を尽くしていても実際に人口約74億人もの人口が溢れる世界を支えていくのはいかに困難かということも、この動画では見えてきます。

実際にインターネットを使える人は半分以下だった

出典 https://www.youtube.com

100人という単位で見ると、実はインターネットを使える環境にいる人が半数以下というショッキングな結果にも驚かされます。こうして今、筆者がこの記事を書いていられるということは非常に恵まれた環境にいるのだということを認識せずにはいられません。

あなたはどう感じますか?

出典 https://www.youtube.com

世の中がいかに不公平でできているかということが一目瞭然でわかる動画、みなさんはどのように感じるでしょうか。世界中がたった100人という人口ならなんとか助け合って生きていけるかと思ってしまいがちですが、世界のお金の半分をある一人の人が持っているのであれば、99人はどんなにあがいても満足なお金を得ることができないということになるのです。

まして現実は74億人もの人が生きる世界。貧困社会で生きる人がどれだけ多くまたそこから這い上がることが困難なのかもこの動画を見るとわかりやすいでしょう。

世界がたった100人でも、こうした不公平な世の中であれば今この世界で生きている私たちは何をどう変えればいいのでしょうか。Facebookで公開されたこの動画は数日で3千万回以上もの再生数という状態で、非常に強い関心を集めている様子。

様々な角度からの違いがわかる動画、あなたは何を感じこれからの社会にどのように対応していこうと思いますか?世界がどのような状態なのかをこのようにわかりやすく示すことは実はとても大切なことではないでしょうか。現実に何が起こっているかを理解することから全ての一歩が始まると筆者は思っています。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら