暖かくなってくると、“生命の春”を感じますよね。

草木が芽生え、動物達が活発に動き……心地良い気温に、心まで開放的になって、窓を開けっ放しに……。

すると、“招かざる客”も家の中に入ってきたりするんです。

そう、“虫”です。

網戸をしているはずなのに、どこからともなくプーンとやって来られると、せっかくの心地良い春の気持ちも、台無しに。

どうして、網戸をしているのに虫が入ってきちゃうのでしょう?

それは「窓の開け方」が悪かったんです。


■窓の「右側」開けてますか?それとも「左側」?

日本の場合、多くの家の窓が、ガラスを左右にスライドして開閉する“引違い”タイプだと思います。

この場合、窓のどちら(右側 or 左側)を開けるかで、網戸に“隙間”ができてしまう可能性があるのだと、アルミ建材メーカーの「YKK AP」は警鐘を鳴らしています。

窓を上から見てみましょう。

もし、窓を全開で開けた場合、網戸と窓には隙間がなく、虫は入ってこれません。

では、中途半端に開けた場合はどうでしょうか?

右を中途半端に開けてみました。網戸と左側の窓のサッシがしっかりと密着して、虫の入る隙間はありません。

では、左を中途半端に開けるとどうでしょうか。今までと違って、隙間があるのがわかりますか?

この隙間から、虫が入ってくるというわけ。

網戸をするときは、窓の重なりをしっかりと確認して、隙間を作らないことがとても大切です。


■それでも入ってくるなら、「網戸の目」の大きさ

サッシの隙間から虫が入ってくる余地はないハズなのに、それでも室内に虫が入ってくる場合。

その場合は、網戸の目が原因です。

そもそも、網戸はどこかほつれたり破けたりしていませんか?

目の大きさは妥当でしょうか。

一般的な網戸の目は1.15mm四方(18メッシュ)。体長1mm程度のチョウバエやセンチニクバエなどは通り抜ける可能性があります。

もし、破けていたり、目が気になるようであれば、貼り替えてしまうという手もあります。


■網戸は自分で簡単に張り替えられる

網戸は、自分で簡単に貼り替えられます。

用意する特別な道具も「網戸ローラー」の1つだけです。あとは、はさみやカッターがあればOK。

新しい網と、押さえゴムを、このローラーで溝に合わせてはめこんでいくだけ。

5・6月は、ホームセンターで網戸の張り替え実演を開催しているところもあります。お近くのホームセンターを探してみるのも良いですね。

温度がちょうどよく、気持ちいいこの季節だからこそ、窓を思い切り開けて、開放的な気分に浸りたいものです。

だからこそ、これからますます暖かくなる前に見なおしておくと、良いかもしれませんよ。

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス