記事提供:まぐまぐニュース!

お子さんの性格があなたに似て来たと言われることはありませんか?そう言われて「私はこんなにわがままじゃない」などと否定する方もいるでしょう。

しかし、家庭教育アドバイザーの柳川由紀さんは、自身のメルマガ『子どもを伸ばす 親力アップの家庭教育』の中で、子どもの性格形成には「親の態度」が大きく影響していると断言しています。

子どもの性格は生まれつき決まっているのでしょうか?

親子で性格がまるで違います。そのため、どう対応していいのかわからなくなることがあります。

子どもの性格は、生まれつきでしょうか?それとも、親の育て方によるものでしょうか?

家庭教育アドバイザー 柳川由紀さんの回答

先天的なものと、育て方など環境による後天的なものがあります。そのヒントになりそうな「サイモンズ式分類」という考え方があります。

親の態度が、子どもの性格形成にどう影響を与えるのか、関連性を調べて、そこに一定の法則を見出した分類です。参考にしてみて下さい。

親の育児態度は主に4つ

1. 支配型

親が子どもを支配するような態度をとることが多いと「いい子」を演じようとしたり、自発的に自分で行動、思考できなくなり無気力になる子供が多いとされています。

2. 服従型

子どもを大切に思うあまり、子どもの言いなりになる親もいます。

こういう親の子どもは我慢するときに我慢できず、ルールや人を尊重することができず、思い通りいならないと乱暴を振るうようになる可能性があります。

3. 保護型

過保護という言葉があるように、必要以上に子どもを守ろうとするタイプです。

親が先回りしてやってしまうことが多く、自ら新しいことにチャレンジしようという意欲がわきにくくなります。一見穏やかですが、自分では判断できずに、人に依存的になります。

4. 拒否型

家事や仕事に忙しく、子どもが話しかけてきても「あとでね」などと適当にあしらってしまう親は要注意です。

決して子どもを拒否しているつもりはなくても、子どもは拒否されていると感じます。こういう態度を向けられた子供は、劣等感が強くなり自尊心が育ちにくく卑屈になるとされています。

このような4つのタイプですが、支配型なら服従型に態度を寄せていくことで、保護型なら拒否型に態度を寄せていくことで、支配と服従、保護と拒否のバランスがとれ、理想の親子関係が築けるとされています。

4タイプが組み合わされた場合の子どもの性格

1. 支配×保護の「過保護型」

自発的な行動ができなくなり、いつまでも子ども。そして社会的な行動をすべき時に子供のような振る舞いをしてしまいがちです。

2. 保護×服従の「甘やかし型」

自己中心的で親を馬鹿にしがちです。人を尊敬できません。

3. 拒否×服従の「無視型」

情緒不安定で人をなかなか愛せず、一方で愛されるための努力を厭いません。異常に愛をもとめるため歪んだ心情を抱きがちです。

4. 支配×拒否の「残忍・残酷型」

親から逃げるために逃避的な性格を見せたり、不安で神経質な性格になったりすることがあります。

犯罪者の多くはこのタイプだと言われています。またDVも起こしやすいです。

家庭教育アドバイス…子どもは親がしたように育つ

子どもを育てるうえで、「こうするべき」というものも「正解」もありません。それぞれの親が一番良いと思うように子どもと接しているのが現実です。

「これが子どもにとって良いはず」と親の決めつけだけで判断していることも多いものです。子どもの目線と視点でみる努力をすることが大切なのです。

アメリカの心理学者バンデューラ氏の名言をご紹介します。

「子どもは大人に命令されたことはしないで、むしろ大人たちのやっていることをマネをする」。

つまり、子どもは命じられたり教えられたりすることよりも、周りの誰かをお手本にマネをすることによって学んでいくものだ、ということです。心理学ではこれを“モデリング”と呼びます。

そして、子どもにとって一番身近なモデルといえば、一緒に生活をしている父親や母親などの大人たちです。

親のほうが意識していなくても、子どもは親の姿から、仕草や行動、ものの考え方などを吸収しているのです。

子どものモデルは親なのですから、もろもろ気を付けましょうね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス