記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
メディカルコスメ、と普段使う化粧品よりちょっと高いけど、お肌にやさしそうな化粧品が気になる方もいらっしゃるのでは?

今回はメディカルコスメと普通のコスメの違いについて、薬剤師に話を聞きました。

メディカルコスメって?

「皮膚の専門家」が開発にかかわる化粧品のことを指します。通販業界で取り扱われているところ多く見ます。
大手化粧品ネットランキングでは、多くのメーカーが専門家とタッグを組み、さまざまなコスメ商品が販売されているようですね。

メディカルコスメというカテゴリーは、海外ではドクターズコスメを指すことが多く、日本でもそのような意味合いを持つことが一般的です。

つまり皮膚科で実際に勤務されている医師が関わっている商品がほとんどです。
皮膚科医師の中でも、スキンケアという分野において研究に積極的な医師、美容外科等の美を追求する分野で活躍されている医師が開発に関わることが多いです。医師が勤めるクリニックで販売されていることもあります。

≪あなたの肌は油性肌?乾燥肌?混合肌?≫
自分の肌タイプご存知ですか?自分の肌タイプが分かってしまう診断はコチラ

通常のコスメ商品との違いは?

通常のコスメ商品とメディカルコスメ、同じ棚に並んでいれば見分けがつかないことが多いかと思います。通常のコスメとメディカルコスメの違いは、国がそれぞれの効果の基準を定めてます。

一般的なコスメ商品:「医薬部外品」として販売
メディカルコスメ:「化粧品」という名称で認定されている

医薬部外品と化粧品とでは大きな違いがあります。
医薬部外品とは、医薬品よりも効果が弱いが、その分副作用も少ないので気軽にドラックストア等で購入できるものを指します。(例:歯磨き粉など)

どんな人に向いてる化粧品なの?

メディカルコスメやドクターズコスメは「今の肌に満足せず、より美を追求する人への」の商品として販売されています。
肌にトラブルがあったり、病気がある場合に使うものと限っているわけでは、実はありません。

とはいえ、ドクターズコスメの出発点は「肌にトラブルを起こしやすい敏感肌に対応したコスメの開発」です。
・敏感肌向き
・お肌に低刺激
といった特徴をうち出した商品も多いように感じます。

≪気づけば肌荒れがひどくなっている…≫
温度差の激しい季節、あなたの肌は荒れていませんか?【肌荒れ危険度】チェック

【薬剤師からのアドバイス】

一般で販売されているドクターズコスメ、メディカルコスメは安全面を重視し、限られた成分が多く、効果としては市販の化粧品と差を感じないかもしれません。

一方、皮膚科の専門クリニックで販売されているコスメは、お肌の状態に合わせて使用できます。
皮膚科でで販売されているコスメは所属するドクターの監修がされていることが多いので、技術や多くの成分を駆使し、効果が期待できるように作られていることが多いと考えられます。

お肌の状態が気になる方は、市販の商品の広告などに惑わされすぎず、実際に監修されている医師の元に足を運んで相談してもいいですね。
その際の化粧品選びも、きちんと話を聞いてから購入するとベストといえるでしょう。

(監修:Doctors Me 薬剤師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス